日々徒然

創作家具 安藤和夫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田植え三日間無事終了しました!

4日の様子が神奈川新聞に掲載されました。
7_212551かなろこ
神奈川新聞ウェブサイトをご覧下さい。

写真タイトル:休耕田の再生に取り組むグループが田植え、古代米など植える/小田原 2010年6月4日

皆様お疲れ様でした~!
その後の様子はおいおいご紹介!(ただいまお疲れ中) 以下、全文~~~~~~~~~~~~~~~~~~

幅広い顔触れのメンバーによる田植えが始まった=小田原市永塚

 小田原市永塚で4日、休耕田の再生や穀物の完全無農薬栽培に取り組むグループが田植えをした。6日まで連日、約1500平方メートルの田んぼに古代米を植える。正規メンバーとその友人ら計約150人による大がかりな米作りとなる。

 近くに住む創作家具作家の安藤和夫さんが約10年前、耕作が放棄された田んぼを借り受け、農業未経験者による稲作が始まった。合言葉は「田んぼを丸ごと楽しもう」。地元住民のほか、県内外から集まるメンバーは幼児からお年寄りまで。顔触れも会社員、主婦、学生、芸術家と幅広い。

 主婦や画家ら約15人が4日、古代米「朝紫」を植え込んだ。5日には、スーダンで医療活動に取り組む医師・川原尚行さんが参加する予定だ。6日は早苗(さな)振りが開かれ、田植えの労をねぎらう。

 正月飾りなどに使われる観賞用の「神丹穂(かんにほ)」なども植える予定。草むしりや虫捕りなどの作業をして10月の収穫後、”自家製″の米を味わう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/987-8aa2a1d9

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。