日々徒然

創作家具 安藤和夫

映画「いのちの山河」を見る!

昨日、隣町二宮にあるラディアンで映画「いのちの山河」を見てきました。
inotinosanngaimg01.jpg
実行委員長の高木信幸さんには久しぶりにお会いしました。 「素晴らしい町 二宮」を主宰されている名物おじさんですね(笑)お元気そうで何よりでした。高木さんとは平和友達(?)です(笑)高木さんのサイト、凄いですよ、必見!。



ドラマ仕立てなので若干臭い演技もあり、映画としてはどうなんだろう?という出来だとは思うのですが、元になる実話のモデルとなった深沢村長の信念を持ったダイナミックな行動力と圧倒的な“愛”にストレートにやられてしまって!涙が止まらなかったのでした。(事前に深沢さんの物語を知っていたので感情移入が先行したきらいありですが)

立ち返るべき原点はここにある!・・・素直にそう思える純粋な力が湧いてくる気がします。
元々素直な僕はもっともっと素直になってしまいそうな予感がしてしまいました。

会場はかなりの人で埋まっていてました。しかしよく見ると僕と同年輩かそれ以上の方が多く、若い層の人が少ないのが残念と言えば酷か!


以下、このお知らせをいただいた二宮の神保さんからいつも来る通信を貼り付けました。
皆さんも購読を申し込んでみてはいかがでしょうか?
神保智子さんは泣き虫ですが本当に良くがんばっています!
いつもありがと~う!

◆◇しお風つうしん◆第579号◇2010.4.25◇◆
「しお風」の神保が知り合った方、「しお風」のウェブやブログから
アクセスいただいた方々に配信しています。ご迷惑になるようでしたら、
お手数をおかけしますが、ご連絡ください。

しお風つうしんブログhttp://shiokaze.hama1.jp/をぜひご覧ください。
さらに詳細な内容や写真が掲載されています。

「いのちの山河」上映会 
http://shiokaze.hama1.jp/e838135.html

5月8日(土)ラディアン(二宮町生涯学習センター)ホール
午前の部 10:00~(開場9:30) 午後の部 13:30~(開場13:00) 
上映時間約2時間
前売券1000円  当日券1500円  小中高生800円
主催 「いのちの山河」上映にのみや・おおいそ実行委員会 
問合せ ☎0463-70-1011 高木

4月7日にラディアンミーティングルームで試写会が行われ、私も
参加してきました。私は試写中ボロボロと涙が止まりませんでした
が、周りにもすすり泣く人が絶えませんでした。終了後も目頭を
押さえる人や余韻でしばらくは席を離れない人が多数見受けられ
ました。

「いのちの山河」http://www.cinema-indies.co.jp/aozora2/index.php
は、豪雪・多病・貧困という三悪を抱えていた岩手県の山間の沢内
村が全国に先駆け1961年に老人と乳児の医療費無料化に踏み
切り、地域包括医療に取り組むなど、「生命行政」に奮闘する深沢
村長と村民たちを描いたドラマです。

無医村で乳児死亡率が全国一で、家族の足手まといにならないよう
に高齢者の自殺も多く、豪雪で村が五箇月も隔絶されてしまう村。

そんな村の新しい村づくりを深沢村長が、憲法25条を念頭に「生命
尊重の理念」を掲げ、行脚と対話で組織づくりや広報創刊、地場産
業の育成に力を注ぎ、
1すこやかに生まれる(健全な赤ちゃんを産み育てる) 
2すこやかに育つ(心身ともに強靭で聡明な人づくり)
3すこやかに老いる(健康体老人づくり・不老長寿・生存限界年齢
・自然死への接近)を目標に掲げ、
住民が主体となって力を合わせ、進めていく姿にはまちづくりの本来の
姿があると思いました。

「医療費無料化は法律違反」という県職員の指摘に対して、憲法25条
を根拠にして「本来は国民の生命を守るのは国の責任です。しかし、
国がやらないのなら私がやりましょう。国は後からついてきますよ。」と反論
する深沢村長の姿は印象的でした。

深沢村長は、1955年教育長時代に「広報さわうち」の編集長でしたが、
創刊の言葉に「広報活動は村づくりのビタミン剤であり、民主主義の
栄養素である。」と記したそうです。映画の中でもその重要性が強調
されていましたが、「しお風」も地域のコミュニケーションを広げるビタミン
剤、住民が主役の協働のまちづくりを進めるための栄養素となるように
がんばりたいと思いました。

深沢村長や村民がすすめた「生命尊重」の理念は、合併して西和賀町
になった今も受け継がれています。
この話は「記録映画「いのちの作法」~沢内「生命行政」を継ぐ者たち」
に紹介されていて、今年の1月23日に平塚で上映され、しお風つうしんで
その感想を掲載させていただきました。
http://shiokaze.hama1.jp/e814734.html

「地方分権」「主権在民」「協働のまちづくり」が唱えながらも、その実感を
つかめず、暮らしの豊かさを感じられない現代だからこそ、ぜひ鑑賞して
いただきたい映画です。

私もチケットを持っていますので、ご連絡いただければ、お渡しします。


*************************
まちづくり工房「しお風」
 代表 神 保 智 子
℡ 090-3142-9358
http://www.scn-net.ne.jp/~shiokaze
http://shiokaze.hama1.jp/
http://kazehoshi.hama1.jp/
http://asaichi.hama1.jp/
*************************

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/973-40d29d44

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad