日々徒然

創作家具 安藤和夫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「木原生物学研究所 木原記念室開室行事」に参加!

二〇〇九年6月15日、「額縁を作りました」と題したブログに書いた木原博士の記念室が、舞岡にある「横浜市立大学木原生物学研究所」に出来上がりました。
kihara_0001.jpg



 故 木原 均 博士 の遺伝学・植物学における業績、コムギの祖先を探るべく5回にわたりカラコルムなどで敢行された学術探検活動、さらにスポーツ、特にスキーの普及、スコーバレー・インスブルックと二期にわたる冬季オリンピックの日本団長など数々の功績を示す資料を展示するための「木原記念室」が開設されたものです。

 今まで記念館などが無かったのが不思議なくらい各分野で大事業を成された博士だったのですが、ようやくの開設です。

 その開設式に招かれて参列してまいりました。


 この日は記念講演会に秋篠宮殿下がご臨席されると言うことで、講演が終わり、殿下が退席されるまで一切の撮影は禁止でしたので、この間は写真がございません。

 その後、テープカットがあり、記念室を見学して参りました。
kihara_0002.jpg
左が木原ゆり子さん。

kihara_0003.jpg
木原賞の額にも刻まれた博士のお言葉。

「地球の歴史は地層に 生物の歴史は染色体に記されてある」

kihara_0004.jpg
書斎の一部も再現されています。
これは遺族である木原ゆり子さんが提供された本物の家具や身の回り品です。
私も一部お手伝いをさせていただきました。

kihara_0005.jpg
遺愛の品々。

kihara_0006.jpg
博士の様々な試みがとても分かりやすい文章でカテゴリー分けして展示されています。

kihara_0007.jpg
この日は研究者の方が多いのでしょうね、皆さん夢中になってお話しされていました。

kihara_0008.jpg
この「左右性」という概念がとても面白かったです。

kihara_0009.jpg
もちろん植物学から話しが始まるのですが、博士の好奇心はそのカテゴリーを乗り越え・・・
kihara_0001_1.jpg
文化芸術は言うにおよばず・・・
kihara _0001
宗教・哲学にまで届いてゆくのでした。

kihara_0010.jpg
博士はじつに知的好奇心の旺盛な方だったのでしょうね。
私のような門外漢をも惹き寄せる様々な「面白そうな」設問?があり、こんな先生に学んだらきっと学校も楽しかったに違いないと思ったのでした。

きっと子供のワクワク感をずっと持ち続けた方なのでしょうね。
お譲様のゆり子さんにはこの遺伝子が受け継がれたようです(笑)

kihara_0011.jpg
これが有名な「ゲノム説」!

kihara_0012.jpg
パネル展示が見やすく設置されています。

この「木原記念室」学生や研究者の資料としてだけでなく、広く一般にも公開のようです。
見学希望の方は是非お問い合わせください。

横浜市立大学木原生物学研究所
〒244-0815
横浜市戸塚区舞岡町641-12
045-820-1900


コメント

おお、完成したのですね! 良かったです。

お帰りなさい!

え~、とっても立派でしたよ。
展示されているパネルがとても見やすくて、ゆり子さんと学生さんたちの努力が実ったようです。
是非ご訪問ください。

例会しましょうとKSさんもおっしゃっていたようですよ、是非に!

感激です!

突然すみません。
横浜市に転入したとき、市役所で木原先生を紹介する
「こむぎ博士~」を手にしました。
今は絶版となったこの本で、木原先生の功績をしり、
横浜市民は、なぜ、こんなに素晴らしい方がいらしたことを
知らないのだろう、誇りに思わないのだろうかと
思ってきました。

先生が残してくださった「こども植物園」の財産も
その価値を十分に市民に提供されていないのが
残念でなりません。

木原記念室には、是非行ってみたいと思います。
教えてくださって、ありがとうございました。

kitaroさん、ようこそ!

私は、木原先生の業績が、世間に、特に横浜市民にきちんと評価されていないと思っているので、このコメントはとても嬉しいです。
是非、木原博士の足跡をたどってみてください。

ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/920-c4ef8ce9

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。