日々徒然

創作家具 安藤和夫

雄山荘・・・その後!

下曽我にある雄山荘は火災後も毎日のように太宰治ファンと思しき方々が訪れているようですが、焼け焦げながらも立っていた柱を倒し、解体が始まっていました。火災直後の姿はこちらへ!
yuuzannsou2_0009.jpg
太宰が頭をぶつけたと言うのはこの門の左右の板でしょうか!
今のところまだ門は残っています。 yuuzannsou2_0006.jpg
南庭から母屋(の在ったところ)越しに門を望む。

yuuzannsou2_0005.jpg
庭にあった百日紅の木。

yuuzannsou2_0004.jpg
それと並んで東側にあるヒメシャラ、

yuuzannsou2_0003.jpg
東方向を望む。

yuuzannsou2_0002.jpg
門の内側、木戸の下にある敷石は石臼のもの。

yuuzannsou2_0008.jpg
便器。

yuuzannsou2_0007.jpg
小便器。

五右衛門風呂があるはずですが見当たりませんでした。

yuuzannsou2_0001.jpg
古格のある五輪塔のかなたには伊豆の海が・・・!

さて、今後どうなるのでしょうか!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/884-1950cca4

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad