日々徒然

創作家具 安藤和夫

「華香亭本店」・・・ここは本牧、老舗の中華!

本牧ストリート沿いの町中華屋さんのレベルの高さには以前触れましたが、その中でも最も歴史のあるお店がこの「華香亭」です。
KAKOUTEI_0001.jpg
「李園」の道を挟んだ向こう側にお店が見えるのですが、訪問は今回が初めて。
過去の李園の記事は・・・ここと・・・ここ



KAKOUTEI_0002.jpg
「焼きぎょうざ」・・・お肉たっぷりの餃子です。

KAKOUTEI_0003.jpg
「パイコーメン」・・・香ばしく揚げたお肉が澄んだ鶏がらスープの細麺に乗っています。滋味溢るるお味!美味い!

KAKOUTEI_0006.jpg
「牛ばら丼」・・・繊維が箸で千切れるほど柔らかく煮込まれた牛ばらが絶品です。たっぷり添えられた青菜はシャキシャキ!

KAKOUTEI_0007.jpg
「油淋鶏(ユーリンチー)丼」・・・カリッと揚げた鶏肉に甘酢のタレが絡み、これまた絶品!各種ピーマンや茄子の素揚げも彩りよく素晴らしい!

KAKOUTEI_0008.jpg
「牡蠣のオイスターソース炒め」・・・カリッカリ牡蠣の中はふわふわジューシー。甘いオイスターソースをまとってもう箸が止まりません!

お味は比較的おだやかですが、中華スパイスが抑え気味ながらもしっかりと下支えし、絶妙な仕上がりです。

KAKOUTEI_0005.jpg
隣の円卓にお一人で座られたおばあちゃま。
お持ち帰り用にお料理をオーダーし、ご自身は「肉饅」を一つ注文されました。
しばらくすると小さな蒸篭が運ばれ、湯気の立つ饅頭を美味しそうにほおばっておられました、絵になりますね!

左に見えるのは古いラジオ?
右上のテレビでは中華料理の番組をやっていました。
でも目の前にある中華の方が断然美味いという貴重な経験をしました。

店内は大正ロマンかアールデコかというレトロなインテリアが国籍不明で秀逸です。
演出で作った懐かしさでは無い本物の豊かな時間の厚みを感じることが出来ます。

このお店で昼間から老酒でもなめながらまったりする事が出来たら至福ですな~!!

「李園」で「骨付き蒸し鶏」を前菜にビールを飲み始め、「華香亭」に移動して老酒で「牡蠣」「油淋鶏」「牛ばら」「排骨」などをやっつけ。再度「李園」に移動して「トマトタンメン」で〆る!!・・・というのはドーダロー!と、遠い小田原から遥かな本牧を夢想するのでした。


しかしやはり中華は人数が多いと良いですね。
今回は横浜での仕事帰りで三人での食事でしたので、色々とオーダー出来たのでした。

今度、どなたかツアー組んで行きません?

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/862-c83da5fb

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad