日々徒然

創作家具 安藤和夫

札幌スープカリー アナンダ

横浜駅東口右にある郵便局を右に見て歩くこと約5分、ビルの二階にアナンダはあります。
ana_0001.jpg
次の交差点は角平のある平沼一丁目ですね。

①まず、スープカリーorキーマカリーを選ぶ。
②辛さを0番~10番で選ぶ。
③ライスの量を選ぶ。150gor200gor300g、均一料金。
④トッピング(別料金)もあるので必要な人はチョイス。

ana_0002_20091027154643.jpg
①=スープの野菜カリー、②=3番普通の辛さ、③=ライス普通盛り、④チキン(骨なし鶏モモ肉ソテー)をチョイス。

凄い量になってしまった。
僕は大盛りが嫌いだ!などと公言している割にはシインプルなチョイスをしないのだ。
トッピングとかサイドオーダーとかがあると、必ず頼んでしまうのです。
コレは粋じゃないな~!とか思いながらも「明日は無い!」とか言い訳しながら頼むのだ!(いじましいな~!)
結果、お腹ははち切れそうになるのでした。

アナンダ、店に入ったところからもう、スパイスの香りが凄い。
長く居たら匂いが付きそうなくらいにガラムマサラな香りに満ちています。

お味はカレーだもの、不味い訳は無い、いや、美味しかったです。
けど、コメントできるほどカレー行脚しているわけではないので相対的な意見は無し!

ただし、このお店には大きな欠点が!
厨房の経営者とおぼしき男性が、オモテをやっている女性(奥さんか?)を怒鳴り散らしているのが丸聞こえ。グズグズなじっている声を聞いていて気分の悪いのなんの!

僕はこの手のお店は二度と行きません。(過去にも地元でありましたな~!)
サービス業失格、なんてこと以前の問題。
人前で女性をなじるなんて!・・・男のかす!・・・人格の欠如です。

もし味がよくても、本当は良い人だなんて言われていても、仕事にどんなに情熱があっても、ねっ!

そういうの気にならない人は行っても良いかも!

ana_0003_20091027154703.jpg
このオレンジ色の螺旋階段の上が目指す「アナンダ」です。

コメント

ちょうどスープカレー話し友達としてて食べたいと思っていた所ですww
美味しいですよね~♪

でも、怒鳴っているのは嫌ですね・・・
私もそういう店は行きません!

近くの居酒屋で同じ事があって、美味しいお酒が不味くなるんじゃい!と思い・・・帰りにお客が居ない前でそういう事はしてくださいと言って帰ってきました(笑)ははは

でも一度スープカレー行ってみようと思います!

美味しいのに残念ですね!

スープカレーのお店横浜には老舗がありますよ。
「アルペンジロー」といいます。
辛さの段階が山の高さになっていて面白いですよ。
エベレストは一番辛いのです。
ご飯は飯ごうで出てきます。
インテリアも山小屋風でいいですいよ、お勧めです。
関内、大通公園の近くです。

スパイス色々。

男性オーナーの怒鳴り声が、心地よいスパイスになればよいのですが。。。
(なる訳ないですよね・笑)

角平の大つけ、ずいぶん食べてないです。
懐かしさこみ上げてきますデス。。。

おひさしぶりです!

>怒鳴り声が・・・・・・・

そうなんですよね~!
こんな簡単なこと!・・・と思うのは僕だけ?・・・・だって、そんなお店って、結構多いんですよね、あきれるくらいに!

苦労人のイベリコさんだったらきっとご存知でしょ・・・・“そんなお店”(笑)

そこそこ美味しいお店が多かったりするだけに・・・惜しい!・・・と思うのです。

“そんなお店”・・・オーナの特徴がわかりやすいのも共通ですね?(笑)
自己中でぇ、甘ったれでぇ、依存心が強くてぇ、打たれ弱くてぇ・・・もう、よそう!・・・笑。


ぐぁんばれ男子!

どこの店かは言えないけれど。

だはは。
スープカリーの話だったのに、着地点はそこですか!
“そんなお店”、ぼくもひとつ知ってますよ(笑)。
たまにその店のブログを読むと、
ああこの人はどうしようもなくイナカッペなんだなー、と思います。

“そんなお店”?

takuさんもご存知でしたか~?
ブログもやってるんですか~?

僕の知ってる店でナイト良いんですが!(笑)

こんな場合も・・

女性が、男性を怒鳴り散らしているのが丸聞こえ・・てお店知ってます。。
珍しい?!・・・でも美味しくないと思うんですが・・
人前で男性をなじるなんて!・・

って、逆転すると許しちゃう!って言うのは、ジェンダー的にはどうなのよ?

「又あのオヤジなじられてやんの!・・・おまけに喜んでるし!・・・Mかっ?」とか、どーよ?(あ、品が・・・)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

誠に申し訳御座いませんでした。

安藤様へ。

札幌スープカリーアナンダの店主です。
先般は折角のご来店にも関わらず、大変ご気分の悪い思いをさせてしまい、
大変申し訳御座いませんでした。
猛省すると共に、以後気をつけて参る所存です。

店主様ですか?

店主様
ご挨拶痛み入ります。
ネガティブキャンペーンにはしたくなかったのですが、同様のこと(厨房での聞きたくない会話など)が世にあまりにも多いと感じておりましたので、書きました。
帰り際に店主様に直接言おうと思いタイミングを計っておりましたが、お忙しいご様子で叶わず、出てしまいました。
お店が自分にとって不要なら行かなければ良いだけですので、わざわざ書かなければ良いのですが、せっかく美味しいお料理を提供なさっているのですから、お店情報として書きました。
改善を切望いたします。

店主様の直接の勇気あるご発言に敬意を表します。
又何時か寄らせていただきたいと思っております。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/820-a34c32f5

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad