日々徒然

創作家具 安藤和夫

田んぼに散歩!

IMG_5466c.jpg
昨年美代子さんが畦に植えた和綿の採り忘れた実が弾けていました。
IMG_1036a.jpg
下の田んぼだったところを見ると、今年もこの花が咲き出しています。名前は…何かな?。
小さな花の集合体のようです。ちょっと美味しそう。
IMG_1122b.jpg
この花もお馴染みなんですが・・・小さいよ、3ミリくらい。
蘭に似てますね。

IMG_5463d.jpg
オオイヌノフグリは定番ですね。昨年の暮から見かけています。

晴れた日の冬の田んぼは広々として、とても気持ちが良いのです。
大きな空と遠くの山の景色を堪能したら、足元に目を移してみましょう…下草の中は小さなお花畑です。

そういえば、田んぼ仲間が始めた「一粒の麦から」というプロジェクトでは麦踏みをしたんだって、ちょっと前のブログに書いてありました。
小さな女の子が蟹歩きしている写真がとっても可愛かった。
「横向きに蟹さんのように歩くんだよ」と言われたその子は、両手を挙げて、指二本立てて、蟹の格好をして横向きに歩いておりました(微笑)。
このプロジェクト、いつか紹介しますね。

米と麦、一年を上手く回せば両方出来るんだな~!

コメント

食べちゃあいけませんョ!

二番目のお花は「トウダイグサ」かも…
図鑑には”有毒”と書いてありますゆえ、くれぐれも召し上がりませぬよう。「小田原の芸術家、野の花で中毒!」な~んて新聞に載ったらかっこ悪いですから。

三番目はよく見かける「ホトケノザ」でしょうね。
ただし、春の七草のホトケノザとは全くの別物(ややこしい)だそうですで、これも食べられないです。

ほ~!

nyoromoさん、植物に詳しいんですね。学びました♪
田んぼビオトープの近くに蒔いたらしい麦の報告、
無いところを見ると出てない?・・残念。


わあ、懐かしい花ばかり! 子供の頃は
こんな花々に囲まれてました。春の田んぼは
レンゲの絨毯だったし、夏はそのそばのせせらぎで
蛍狩り。野生の桑の実やグミがおやつでしたね。
「美しい日本」はこういう風景を残してこそ、だと
思います。

守るべきもの!

トウダイグサ・・・有名ですね、その名前・・・これでしたか~!食べなくて良かった~!
でも「野の花中毒にて逝去」なんてちょっといいな~!
ポインセチアも親戚なんですってね?今調べました。又、お利口になってしまった。

ビオトーブの麦・・・細々と生えてはいるのですがぁ~、麦踏みするには忍びないサイズですぅ!何が足らんのかな~?・・・愛かなぁ~!

「美しい日本」・・・を作るのには「正しい右翼は米を作るべし!武器を捨てて鍬を持て!」ですね。

今年の小麦

今年の冬は温かすぎて、各産地の麦の大不作が心配されております。
例年なら雪の下で根を充実させる時期に、寒風にふかれつつ地上部分が生育しているようです。
足柄小麦もものすごい成長の勢いです。

細々生えているくらいの方が理想かもしれません(笑)。
まだ見ていませんが。

ご紹介ありがとうございました。
よかったらいくつかある麦畑にもいらしてください。


是非小麦畑にも行ってみたいですね、よろしく。
蟹歩き少女が見たいというご要望がたくさん来ていますよ(笑)
ブログをご紹介しても良いですか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/81-0e05fe5b

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad