日々徒然

創作家具 安藤和夫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報:象のウメコさんが死んだ!

タイから1950年に来日?し、小田原城址公園内にある動物園で暮らしていたウメ子さんが亡くなった!享年62歳(推定)

2007/10/10、ウメ子さんが還暦を迎えたときに書いたブログはこちら。
僕とウメコさんとの淡い交流?を書いています。



神奈川新聞記事より
「日本最高齢のゾウ「ウメ子」死ぬ/小田原動物園
社会 2009/09/17  小田原城址公園内にある小田原動物園で飼育されていたゾウの「ウメ子」が死んでいるのが17日午前8時37分ごろ、見つかった。16日まで特に異常は見られなかったという。
 1950年の「小田原こども文化博覧会」に合わせて来日したウメ子は推定62歳で、日本最高齢のゾウとみられていた。」

カナロコの記事

コメント

ご冥福を祈ります。

アジア像にはどんな動物よりも、愛着があります。

いたずらウメ子の訃報

朝刊で知ってびっくりしました。でもウメ子は日本最高齢だったんですね。

前の日まで普通にゴハンを食べて、眠ったまま天国へ召されるなんて一番幸せな逝き方じゃなかったかなとせめて思いたいです。

いつも人々に愛されながらも、象としては一人ぼっちだったウメ子。だから退屈しのぎにイタズラをしてた茶目っ気のあるウメ子。天国ではたくさんの仲間の中でにぎやかに楽しくすごしてね。

ウメ子は永遠ナリ!

チンホイさんはきっとアジアの色々なところのの象をご存知なのではないでしょうか?
やはり象は愛されているのでしょうね。

nyoroさんはウメ子さんに水を掛けられた経験がおありでしたね?
僕のウンチをぶつけられた事に比べればまだまだ(?)ですが、
悲しさひとしおですね。

学校の帰りにタバコ吸いに?いくと。
いつもウメコがいたのでした。
 懐かしい思い出ばかりです。

そっか~!

寅さんのスクールゾーンだったのね!小田原城址公園。(タバコ吸うのにはうってつけの環境だしね、笑)

ウンチぶつけられなかった?

ウメ子さん、色々な人の思い出の中に生きてますね!

この春、静岡に行く途中ウメ子を見に行って、可愛くて30分は前で見ていました。私象大好きで・・・・

悲しいな・・・

でも前日まで元気だったなんて苦しまないで逝けたんですかね・・・。
天国でも茶目っ気タップリでいてほしいな~

無念

私は、僅か18年のつきあいですが、初対面の時から、何とかしなければと思いながら、今日まで来てしまいました。展示動物の科学は、20年以上前から劇的に変っています。彼女に何もしてあげられなかったこと、本当に無念です。故郷タイの地に帰してあげたい。小田原市のご賛同を得たい。

naokoさんもファンだったんだ~!

そうですね、苦しまずに大往生したようですね。

smatさんのお気持ちよくわかります。
ウメ子さんご本人は孤独だったのでしょうね~!
せめて骨をふるさとに返してあげるのも供養ですね。

時代のせいもあり、飼育環境として問題ありだったのだとは思いますが、飼育係の皆さんをはじめ、たくさんの人がホントにウメ子さんを大好きだったことは確かですね。

10月まで記帳が出来るようですね。

思い出写真大会はどうだろうか?
みんなで持ち寄ったら凄い数の写真が集まりそう!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさま!

ありがとうございます。

ウメ子はみんなの心の中に永遠に生きてゆくのですね。

ほんとうに

ウメ子さんがいるから、とくに用がなくてもちょくちょくお城に寄ってました。
だから昨日もウメ子前でランチを、と思ってました。びっくりしました。
とてもさみしいです。
でもほんとうに、献花や供物の数とか、報道やコメントをみていると
どれだけたくさんの人がウメ子さんのことを大好きだったのかがよくわかって、胸がいっぱいになりますね。

今改めて考えてみると!

ウメ子さんのいない城址公園って、・・・ありえないですよね~?
子供のときからウメ子さんとお城はセットだった!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ2様!

ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/777-337d02de

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。