日々徒然

創作家具 安藤和夫

兼藤忍 と 田中哲也 VOL、3

田んぼ仲間で陶芸家でもある兼藤忍さんと田中哲也さんの二人展が始まります。
sinobu.jpg
題して「ゆるやかなシュウカク」・・・収穫?・・・それとも?・・・



 陶芸という表現の持つ一つの特徴に、何らかのモノを入れる“器物”としての捉え方がある。
 そしてもう一つ、粘土と言う可塑性の高い素材を使うことによって、自由な造形が可能であるという点。
 今展で三回目になるコラボレーションを企画するお二人は、この後者にこそ本領を発揮する美術家なのだと思う。
sinobu2.jpg
9月14日~19日 銀座の「画廊るたん」の企画展。

コメント

感謝~!

紹介ありがとうございます!
まだ始まったばかりなのでどうぞお近くにいらしたらお出で下さいませ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/766-2fb32d63

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad