日々徒然

創作家具 安藤和夫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【マリアと、タオは、何処?】第20回

マリアのブログ代行人(私)が送った「恋の話は?」という質問メールにマリアから返信が来た。

 マリアと、NICE GUY の話?・・・するの?
 プライバシーを明かすのは、得意じゃないけど・・・エルミンザホテルにアイドルがいる。

 多分、アイドルだと思う。
 門番でもあり、レセプションスタッフよりそれらしく、コンシェルジェより有能。
 彼は20年間、タンジェのトラディショナルな赤の正装でゲストを迎える。(今度写真を見せるね)
 ゲストは、始めに彼に会うのを楽しみにしている様子。
 いつも、正装の彼しか見た事なかった。

 「仕事が終わったら、町に出ようよ、ねぇ行こう。」・・・何度か断った覚えがある。
 タオはすっかり、なついていて、二人が楽しそう。
 二人から行こうよー!と言われて、町へ行くことに。
 彼は野ねずみの様に町をいく。
 いつもとあまりに違う普段着 姿に一人の男が浮かび上がる。
 ヤバイ、かっこいい。

 海添いの道をいく。

 お別れが近い事を私達は惜しんだ。
 もうタオを寝かさないと。帰ると言っても取り合わない!
 でも、私は帰ると言って、タクシーに向かった。

 何も起きないのかって?
 さぁ、どうでしょう?起きない様にするのが私の旅のルール。当たり前のこと。女を下げない。旅の恋は心の中に。

 次の夜、彼は私達に逢いにきた。
 本当にお別れ。
 言葉も少なく、気持ちも弾まない夜、本当に淋しかった。
 タオは彼にギュツとされて、泣きそうだった。
 三人でいると、パパとママといる様に思えたのだろう。タオはいつも、その事を、いつか、家族が増えることを待っているから。
 美しい横顔の男は、私達が再び、このホテルに戻って来るのを待っていてくれるだろう。
 彼は、仕事中に四時間も、私達と消えてしまった。大丈夫なの?ノープロビレム!出た!ノープロビレム!
 仲良く帰るとレセプションスタッフが飛んで来た!ヤバイ、さすがに怒られる!ところが、怒られてはいない!もしかして、この人、ただ者じゃない?ノープロビレム!

ご参考: 【マリアと、タオは、何処?】 連載開始 第一回。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/754-8d0298ed

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。