日々徒然

創作家具 安藤和夫

【マリアと、タオは、何処?】 第3回。

先日「只今、ボスボラス海峡を行く船の上。」というメールが来てしばらくしたら・・・・・
maria0.jpg

maria.jpg

 「私達は、今、未完成の教会の中にいます。観光客でいっぱいの建物の中ですが、厳粛な空気を感じます。1874年に建設が始まった当時の空気をを今に残しているかの様。形容出来ないおびただしい、レリーフ群と建設の為の足場との共存。共に芸術にも、見えます。
 タオは、建物を見た瞬間固まりました。先入観が、なかった為、驚きもひとしお。「目ぇまわしちゃうほどすごかった!」街の隙間から、建物が見えた時のタオの感想です。バルセロナ、サグラダファミリアにてまだおやすみなさいじゃないけど。」

ご参考: 【マリアと、タオは、何処?】 連載開始 第一回。


コメント

だいぶ進みましたねえ(笑)

20年ほど前に見に行きました、、、確かバルセロナオリンピックの前の年。
とうもろこしの先っぽは、まだとんがっていたような記憶が。。。
当時、1000PST寄付したので、レンガの一部は私のものです(おおげさ)
確か現場では、日本人の方が陣頭指揮を執っておられると思います(うろ覚え)

ところで、いつ完成するんでしょうか?この建造物は(笑)

イベリコさんは・・・

あそこのスポンサーだったのですか・・・凄い!(笑)

日本人の石彫家、外尾悦郎さんがずっと仕事してますね。
僕は、来日中(帰省中?)の外尾さんにお会いしたことがあります。

完成ね~!!・・・・いつでしょうかね?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/719-4f90e853

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad