日々徒然

創作家具 安藤和夫

手打ち蕎麦を喰いに?・・・どこへ?・・・「くりはら」!

 行く先々で蕎麦を食っている僕ですが、地元の蕎麦度の優秀さが嬉しい今日この頃、その中で今日は小田急線渋沢「くりはら」。
くりはら_4682
 「天セイロ」・・・お決まりの「天セイロ」でもこんなにたくさん季節の山菜天麩羅が付くのです。
 別オーダーで「山菜天麩羅」もあるのですが、海老も食いたい!と思う僕は本当は(?)欲張りなのでしせうか?(決まってら~い!?)

 
 「くりはら」、石臼挽き十割の手打ち蕎麦は安定していつも美味いです。

くりはら_4690
 友人が選んだ「木ノ子蕎麦」・・・うわ~、そそるな~!

くりはら_4680
 卓上には野の花がいつもあり、これ又いつものお母さんの「お漬け物」が美味しいのです。

くりはら_4692
 お庭も落ち着いてきましたね。

くりはら_4694
 「くりはら」に行く道すがらも又楽しみなのです。
 この時期、東名高速大井松田インターから篠窪経由のこのルート、里山の新緑風景が見られます。
 お店までインターから15分の峠越えの道、お勧めですよ。


 良いお蕎麦屋さんの定義、皆さんそれぞれの基準があるのでしょうね。
 又、お蕎麦は情緒を大切に思う人が好むものでもあるので、妙な選抜、ランキング、重箱の隅をつつくような難くせは付けたくありませんね。
 悪意のある(手抜きなど)場合を除いて大概の場合「美味い!」と思ってしまう僕なのですが・・・・・

 ・・・「くりはら」はお蕎麦屋さんに僕の求める幾つかの(欲張りな?)事柄を限りなく満足させてくれていると思っています。

 トータリティーではかなりお気に入りですね。

 では、僕が気に入っている点を挙げてみると?

 まず、季節を感じるお店であること。・・・これはお店への道中からお庭から卓上からお料理までを含めてね!蕎麦屋でこれ、大事でしょ?
 清潔であること。・・・これは当然ですね。
 謙虚であること。・・・慢心が無い。

 おそばが美味いのは当たり前。・・・十分美味しいです。

 ・・・・・なので、言うことは無いのですがぁ~、あえて「くりはら」に僕が希望を言えばぁ~?・・・【つゆ】に今ひとつのの迫力が出たら磐石でしょうか!(あくまで理想値ですが)

 まだお店を始めて何年も経っていない栗原君、ここまで来られたことには驚いています。
 この方向性を極められたらきっと将来日本の名店の一つに数えられるに違いありません。
 おまけに彼はまだまだやりたいことがいっぱいあるようです。常に前向いている人は気持ちよい。

 そういえば僕、彼から注文を貰っているモノをまだ納品していなかったけ!いけね、僕もがんばらねば!待っててね。

 何かって?こうご期待です、酒飲みは喜ぶものですぞ!

~~~過去に「くりはら」を書いた記事はこちらです。~~~~~

手打ちそば くりはら

渋沢【手打ちそば くりはら】再訪!

おらが蕎麦!

クワイ・・・なのだ!

クワイを調理してくれたのは!




 

コメント

こんにちは!
アレですね、アレ。
まだナマで見たことがないので、楽しみにしておりまーす!
最近珍しく(?)お会いしていないので、近々、お蕎麦かシロコロでも!
って、どんな選択肢やねん(笑)。

蕎麦orシロコロ・・・凄い選択肢ですね、神奈川。

そう、アレです、アレ!。

酒飲む体制でゆきましょうね。
出来たらお知らせしますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/645-ac819654

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad