日々徒然

創作家具 安藤和夫

本場信州蕎麦Vs神奈川西湘地区の蕎麦・・・果たしてどっちが美味いか?

 長野へ行って来たのですが、日帰りだったのでお蕎麦屋さんには二軒しか?行けませんでした!(何しに行ってきたのかですって?)
ながのそば_5032
 ただ今長野で開催中の【木工家の仏壇と祈りの箱展】 ー善光寺ご開帳記念ーのギャラリートーク&パーティーに参加してきたのです。もちろんこちらがメインです!!


 さて、メインイベントは後にしてお蕎麦の食べ比べをしちゃうのです。
 今回二軒、先日搬入時一軒、たった計三軒で結論を出すことは実にはばかれるのですが、現時点での極私的結論といたしましては「神奈川西湘地区の勝ち!」・・・と相成りました。(わ、言っちゃった、笑!)
ながのそば_5033
 山菜天麩羅・・・う~ん、まあまあ!

ながのそば_5127
 地鶏せいろ・・・まあまあ!

 あえて三軒の店名は伏せましたが、それなりに評判のお店なのでした。

 これらのお店、それぞれ美味しかったのですが、ひとことで言えば感動がなかった!ということなのでした。欲張りな僕をおゆるしください。

 いやね、やれ「霧下・・・」だの「石臼挽き・・・」だの「なんとかさんの蕎麦粉・・」だの「配合が・・・」などと言っている割には「フツーの手打ち蕎麦」なのでした。
 僕が信州に過度の期待を持ちすぎているのだとは思います。(ま、蕎麦は普通で良いのですけどね、笑。)


 新蕎麦の時期ではないのはどちらも一緒なのでどちらにもハンディーは無し。

 蕎麦・・・色、艶、味、コシ、香り、太さ、長さ。
 汁・・・かえしの熟成具合、出汁の香り、濃さ、そば湯を注した時の香りの立ち方。
 添えられた薬味。蕎麦の出る時間。蕎麦の量。天麩羅の出来。お店のたたずまい。接客。季節感の演出。値段。季節モノや漬け物、煮物などのサイドオーダー。禁煙席の有無。などなどを総合的に勘案したのですが・・・・・?(言いたい放題だぁ~!)

 西湘地区にも、全部の条件を揃えている店はなかなか無いのではありますが、信州人をお連れできるクオリティーを持つお店は多いことを確信しました。

 「くりはら」「あしがら翁」「星月」「萬人」「おりべ」「昭庵」「やまもと」「彦」・・・などなど(他にもあると思いますが)。

 あらためて西湘地区の手打ち蕎麦のグレードの高さを思い知った旅でした。

 長野の人ゴメンネ~、どこか教えて~!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/634-25f2aba9

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad