日々徒然

創作家具 安藤和夫

僕の住む【永塚】は昔この地域の中心だった!

 小田原市教育委員会文化財課主催の「遺跡探訪会」がありました。
 4回目の今回は、ずばり僕の住む【永塚】だったので万難を排して参加!
 Sさん、ご案内ありがとうございました。
asigara.jpg
 古代の足柄平野だそうです。右に見える伽藍が【千代】その上部(北側)が【永塚】です。
 現在の小田原城があるのは絵の左手のあたりです。
 このアバウトな絵、さかいひろこさんという方が作者だそうですが、相当気に入りました、笑。(「小田原の遺跡探訪シリーズ」より!)
iseki_4161.jpg
 薄ら寒い日だったのですが、たくさんの参加者と共に歩きました。

iseki_4173.jpg
 各ポイントに設置された案内板の前で市文化財課の職員による詳細な説明がありました。

 4~5人の市職員の方がエスコートしていたのですが、みなさん正しいオタクのようで、ちょっと質問するとど~っと答えが返ってくるという秘めた情熱をカンジさせる人ばかりでした。これは小田原市も良い職員を持ったもんだ、凄い、感動しました。
 予算は十分在るのでしょうか?

iseki_4164.jpg
 工房の目の前の永塚観音堂前(修復工事中)も重要なポイント。

 出土品などから、ここいらあたりに当時この地域の中心になる郡役所があったと想定されるのだそうです。
 工房のあるところは特別な場所だったと思います。
 なにしろ村の米倉なのですから。
 一番大事なお米を保存する倉庫を、この村で一番良いところに作ったに違いないのです。

iseki_4177.jpg

iseki_4178.jpg

iseki_4186.jpg

 この地域が古い歴史を持つことを知ってはいたのですが、今回の「遺跡探訪会」に参加し、又、市発行の小冊子もいただき※、改めてこの足柄平野全域に亘る古来よりの人間の営為をリアルに想像することが出来たことは、大きな学びを得ると共に、さらに地元への愛が高まった私でした。

 この機会を企画くださった小田原市教育委員会文化財課の皆さんにお礼申し上げます。
 今後も、是非この企画を発展充実させていただけたらと思います。
 この方向には真の意味での小田原ブランドがあるのだと感じました。

 いいところだぜ、あしがら!

※「小田原の遺跡探訪シリーズ」として1~4まで出ています。

「羽根尾遺跡群」
「久野諏訪ノ原丘陵の遺跡」
「千代遺跡群」
「永塚遺跡群と下曽我遺跡」

小田原市教育委員会にお問い合わせください。
無料でもらえますよ。
0465-33-1715


コメント

工房の米蔵だったのをうちのお客(波多野)さんにも
 聞きましたよ。
歴史があるところですね。

永塚に居を定めるまでに・・・

2年くらいロケハンして決めたところです。
日照時間・地盤・地名・空気の流れ・景色・方角、などなどを検討しましたが、遺跡が出ることはそれを証明してくれました。
古くから人の住むところ、人のよる所なのでしょうね。
そこに在る村の米蔵ですから、パブリックな場だと思っています。

・・・だから早くパブにしろって?

波多野さん・・・たくさんいらっしゃるのですがどちらの波多野さんかな~?

万難を排してのご参加ありがとうございました。
また、ブログでのご紹介もありがとうございます。

千代・高田・永塚一帯は、古代足柄平野の中心でした。ここから見る富士山は最高ですね。

毎年、パンフレットと現地に看板を3枚ほど設置しています。

この企画を20年も続けることができたら、市内各地の歴史をきちんと地元の子供たちに伝えることができると思います。
長く続けられるように応援、お願いします。

できれば、小学校と連動して、遺跡めぐりをしたいのですが、学校現場もわれわれもそこまでの余裕がありません。

良い企画ですね!小田原市教育委員会!

本当に為になる企画ですね。
正しい右翼である私は感動しました!

そうですね、小学校などとの連動は必須でしょうね。
歴史を熟知した「専門の子供ボランティアがご案内!」なんてなったら良いな~!

継続&ご発展を望みます、一市民として。

お城の整備、かっこよくなってきましたね。
完成オープンした馬出門、見てきました。

色々様々ご苦労様です。

我が家は八代続く旧家です。曾お祖父さん、お祖母さんは明治天皇即位の時の事をよく話してくれました。その際、曾おばあさんが言われた事で記憶があるのは、この近辺で一番栄えていた地域は「久野」だった事、日用品を買いに行くのにも、久野まで歩いて行った事」を、話をしてくれました。村会議員だった曾おじいさんは国府津迄開通された機関車の話、それから先の様々な出来事なども聞きました。先代の庶民がどのような生活をして来たのか、とっても楽しい話だった記憶があります

さとちゃんさんは・・・

今、どちらにお住まいですか?

活きた情報を聞くことが出来てうらやましいですね。
この足柄平野は本当に豊かなところですね。

コメントありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/615-e2845f46

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad