日々徒然

創作家具 安藤和夫

ガザを教材に「ファシリテーション」の実際を学ぶ機会です!

 ガザは暫定的に停戦状態に入りましたが、パレスチナ人はイスラエルによって隔離されていることには変わりありません。この事実に静観を決め込んでいるかのような日本政府並びに日本のマスメディアには失望感がつのります。
 では我々はこのことをどう理解するのか?どう立ち向かうのか?を、共に考えるセミナーが開催されます。
 かながわ開発教育センター(K-DEC)事務局の木下さんからの呼びかけを転載します。
~~~以下転載~&O~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いつもお世話になっております、かながわ開発教育センター(K-
DEC)
事務局の木下です。

12月27日以降、3週間足らずの間に、パレスチナのガザ地区では、
1,000人以上の人々が命を落としました。その3人に1人は、
18歳以下の子どもだといわれています。

K-DECでは、1~2ヶ月に一度行っている、ワークショップのつくり
方、進め方を学ぶセミナー「DokiDoki ワークショップ研究セミナー」
の中で、今月は緊急に「パレスチナ特集」を実施します。

今、起きていることに、どう向き合えばよいのか、皆で考えてみたい
と思います。

ぜひ、ご参加ください。


※イスラエル兵の前に立ちはだかる、若いパレスチナ人女性(YouTube)

かながわ開発教育センター(K-DEC)
事務局  木下理仁(きのしたよしひと)

(転送歓迎)
* ・゜゜・*:.。 ..。.:* ・゜゜・*:.。 . .。.:* ・゜゜・**・゜゜・ *:.。 ..。.:*

  DokiDoki ワークショップ研究セミナー 参加者募集!
 パレスチナで今、起きていることを知り、考えるために
  
* ・゜゜・*:.。 ..。.:* ・゜゜・*:.。 . .。.:* ・゜゜・**・゜゜・ *:.。 ..。.:*

参加者が自作のワークショップのアイデアを持ち寄り、それをみんなで
体験し、ワークショップ(教材)の作り方や進め方(ファシリテーション)
について意見交換を行う、「DokiDoki ワークショップ研究セミナー」。

          今回は、“パレスチナ特集”です。

今、まさに起きている悲劇的な事態を、どう考えるのか。議論のきっか
けをつくる、平和の実現へ向けての行動のヒントを得る、そんなワーク
ショップのあり方を考えてみたいと思います。

自作のワークショップの持ち込み、一般参加、ともに歓迎!

と き  1月29日(木)19:00~21:30
ところ  かながわ県民活動サポートセンター
      (横浜駅西口より徒歩5分)
     ※部屋は、当日、1階ロビーの案内板でご確認ください。
     
参加費  一般 1,000円(会員 500円)、学生 500円(会員無料)
申込み  電話又はメールで、K-DEC事務局まで、お名前と連絡先
      (電話番号)をお知らせください。

主 催  かながわ開発教育センター(K-DEC)
      電 話 090-1806-8532
      メール kdec@npgo.jp

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/560-ee164bb9

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad