日々徒然

創作家具 安藤和夫

御蕎麦處 角平

 “手打ち”ばかりが蕎麦じゃねぃ!・・・昔ながらの街中のお蕎麦屋さんってありますよね、今日はそんなお蕎麦屋さんをご紹介。久しぶりの食いものネタです。

 【渋沢:くりはら】【大磯:昭庵】【二宮:おりべ】などと、お蕎麦道を極めんとする手打ち蕎麦屋さんに出会ったことは本当にありがたいことなのですが・・・

 この平沼橋【角平】のおそば、旨いんだな~!
kadohei_0005.jpg
 コシのある江戸前のお蕎麦。
 「蕎麦は七味で喰うもんだ!」って言い張るオヤジがいそうな、そんなお店!



 横浜でもあまり観光客が行くエリアではない街角にこのお店はあります。ホントに角にあるので【角平:かどへい】平沼橋商店街入り口(出口?)にあります。
kadohei_0006.jpg
 このお店は「名代 元祖つけ天」を名乗るお店。

kadohei_0007.jpg
 熱くて濃い付け汁にぶっとい海老天が一本!汁に沈んでいるからね、でかいよ!【つけ天】1150円。

kadohei_0015.jpg
 店内の様子。たくさんのおねえさんが手際よく客をさばいています。

kadohei_0018.jpg
 外観。

kadohei_0002.jpg
 メニューの一部!【海老天】をもう一本つけたのが【種ごみ】。【かき揚げ】も付けられますが、すごいことになりそう!(未体験)

 つけカレー・・・?

【つけ天】とは?・・・

『アツアツのつけ汁に豪快な海老天。そして特製手もみそば。
一番人気のつけ天そばは「そばの風味を味わうにはつけそばに限る」と先代が考案したものです。
サクサクの天ぷらがダシの効いた濃い目のタレとよく絡み、蕎麦の味を最大限に引き出します。』

『そばを愛する初代は、日ごろから「ざるそばではもの足りない。てんぷらそばではそばが死んでしまう。」と考えており、「エビもそばも生きる、しこしこしたそばで、てんぷらも食べられるようなものはないか」と研究を続けていました。
研究なくして革新なし。連日連夜、苦慮を重ねました。
そしてついにある考えに辿り着いたのです。
「いっそ、そばと熱い汁を別々にしてはどうか」
その瞬間、全国の天ざるや天せいろの祖となる「つけ天」が誕生しました』・・・お店のHPより。

という事です!もう何も言うことはございません。久しぶりに本当に久しぶりにこのお店に行ったのですが、その通り・・・でございます!

 以前は冷たいお蕎麦を熱い汁に付けて食べるなんていう食いかたが理解できなかったのですが、最近歳のせいでしょうか?判るような気がします。
 「ちがいの判る大人」になってきたのでせうか?この旨さ!は格別ですね。

 古たたずまいを残したお店の内装は江戸下町なかんじ。

 最近、田舎蕎麦の影響か、お蕎麦をワサビで喰うのが普通になりましたが、「江戸前は七味とうがらし!」・・・そんな蕎麦通にはお勧めです。

 3時から供されるという「かも焼」など充実したつまみなども揃っているようです。
 昼休みなしで通しでやっているこの店で、早い時間から一杯やってみたくなりますね。
 まずは「先附け三点盛り:500円」から始めましょう!

 僕の通っていた高校から東に歩いて行くと横浜駅に着きますが、学校から真南に歩いて行くと、このお店のある平沼橋商店街、突き抜けた処にあるのが角平なのでした。

 ここは東海道(R1)に面しているのかな?昔から有名人がお寄りになっているようです。各界の著名人の写真とか色紙とかが掛けてありました。港の親分の書も掛かっているところが横濱らしいな~!(○木さんです)


角平

営業時間:11:00~20:30
休み:日曜日,年始,夏期
場所:横浜市西区平沼1-36-2
電話:045-321-4341

横浜駅東口から西に向かって徒歩5分。

 ちなみに、近所にはもう一軒【田中屋】というお蕎麦の名店があります。何時かご紹介を!

コメント

今年もよろしくお願い致します。

画像を拝見する限り、下町の住民にすこぶる受けが良さそうな
蕎麦屋さんです! 蕎麦の細さも、おつゆの濃さも。
ざるに掻き揚げを単品でお願いすることも多いので
こういうお店が近所にあったらありがたいです。

お江戸の・・・

本場の方からそう言われると嬉しいな~!

今年もよろしくです!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/534-330c2d28

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad