日々徒然

創作家具 安藤和夫

神代木(じんだいぼく)について

天板はタモの一枚板。
扉はタモの神代木。

この二つの色の違う「タモ」に一千年の時間差があります。


81024_4898.jpg
 作品を作るとき、神代木を使うことの多い僕は、今回の個展でも何種類かの神代木を使用しました。
 神代楡(にれ)・神代欅(けやき)・神代たも、です。

 「その木はなに?」と言う方が多くいらっしゃいますので、会場に簡単な説明文を用意いたしました。
それが以下のものです。
(以前ブログにも一部書きましたが、改めて記します。)

~~~~~~~~~~~~~~~



【神代木(じんだいぼく)について】

神代木とは、土中から掘り出された埋もれ木の中で、
数百年から数千年の年月を経たものを特に【神代木(じんだいぼく)】と呼びます。
神代の昔から…と言う意味なのでしょうね、
普通の埋もれ木とは別格のものなのです。

気の遠くなるような長い年月の間に、
土中に含まれている成分がゆっくりと木に沁み込んでゆき、
木の成分と反応して、独特の風合いのある灰褐色に変化してゆきます。

埋もれ木ですから、山林で伐採するのではなく、
土木工事などで偶然掘り出されたときに手に入るものです。
完全な形で掘り出されることはあまり無く、
器物として使えるところも極わずかですので、大変貴重なものです。

掘り出された木が檜(ひのき)なら【神代檜(じんだいひのき)】、
杉(すぎ)なら【神代杉(じんだいすぎ)】と呼びます。

私がよく使用しているのは楡(にれ)の木ですから
【神代楡(じんだいにれ)】です。

楡の木は北海道に多く自生しています。
樹形は、
枝を大きく天に向かって広げている欅(けやき)に良く似ています。
それもそのはず、欅は楡科の樹木なのです。
英語で言うとELM TREE、エルムです。

アイヌの民話に出てくる【チキサニ姫】とは、この楡の木の精のこと。
太古の昔、
アイヌモシリで平和に暮らすアイヌ達に崇拝されて
大きく育っていた楡の木が、火山の噴火などによって土砂に埋没し、
数百年数千年の年月を奇跡的に生き延び、掘り出されたのです。

その精霊を宿した木が、ご縁をいただいて私の手に入り、
今ここに器物となってあるのです。

コメント

私は、以前象嵌細工の職人さん「内田定次氏」の仕事場で「神代杉」をみせてもらったことがあります。

とても良い風合いのものでした。素人目にも良いものはわかるものですね。

杉の神代もいいですね。

神代も木の種類によって表情は様々なのです。

箱根寄木細工は木の地色を生かしたすぐれた工芸ですね。
しかし現在、その用途がおみやげ物のレベルから脱し切れていないため、せっかくの技術も生かされていないのでは?と感じます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/499-69aba3f9

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad