日々徒然

創作家具 安藤和夫

西湘二宮でお蕎麦といえば【オリベ】でしょうか!

 昼間っから、ちょっと飲んでそばを喰う!という美しい伝統(?)が、飲酒運転の規制で断たれ(当たり前です!)、ちょっと足が遠のいていたのがこの【オリベ】でした。
8723 (14)
 こちらのお料理はさりげなく美味しい。
 きちんとした和食の料理人が「〆に蕎麦も食える店」として作ったのかな~!と思えるような、今の季節で言うなら冷酒が進むお料理が用意されています。


 本日は、最近恒例となった「永塚田んぼ団、食文化研究会」の事業の一環として、【お蕎麦のコース】をお願いしました。
8723.jpg
 【胡麻豆腐】・・・姿の良い茶巾絞りで供され、まずは眼福。中にはそばの実が入っていてほっこりとした一品、美味い。
 食べやすいように四方向に隠し包丁が入っていました。

8723 (4)
 【くらげと茗荷の黄身酢和え】・・・季節感を見事に演出、あ~、冷酒が・・・!上には丁子の花の酢漬けが飾られていました。 (同行したM帆さんがご存知でした、さすがオー○ルジュ・オー○○○ー・・・!)

8723 (5)
 【湯葉】・・・深い織部釉の掛かった器に乳白色の湯葉が映えます。
 こちらのお店、器も佳いものを使っています。店内にもいくつか作家物の焼き物が飾られていました。

8723 (8)
 【車海老の素揚げ?】・・・やはりクルマは旨い上に品が良いですね!・・・でも頭とか脚とか・・・テンプラだったら食えるのに!と思うと、心残りが・・・! (喰おうとしたけど硬かった、欲張り!)
 螺旋を描いたひげに注目!

8723 (10)
 【自家製がんもどき】・・・定番です。

8723 (13)
 【蕎麦】・・・甘いお蕎麦ですね~!今日は福井県丸岡産だそうです。
 【つゆ】・・・良く寝かした「かえし」の芳醇な香りが鼻腔を抜けます。

8723 (16)
 【蕎麦粉の入った蒸ぱん】・・・かるかんのような軽い食感、抑えた甘みが好ましいですね。

 全体にこざっぱりしたお料理の演出ですね、くどくどと仰々しい盛り付けはしませんが素材は吟味しています。「江戸切り」と称しているのも判る気がします。

 帰り際、厨房を覗くと、ご主人が鱧をさばいていました。夏だな~!
 鱧料理様々ありました・・・行かねば!

【江戸切りそば オリベ】
二宮町百合ヶ丘1-1-2
0463-73-3881
11:00~20:00
定休日:木曜日
小田原厚木道路二宮インターから1分。
西友に向かって坂を下る途中左側。

コメント

平塚の蕎麦屋さまに教えていただいたお蕎麦屋さんが、こちらのおりべ様。
おいちいですね♪

菜こんたんのケンタウロス伊藤様に教えていただいたブログが&O様です(笑)
で、中学高校時代に現小田原市長様に塾で勉強を教えていただいたのがイベリコYです。
狭いですねえ(笑)

濃いご縁の様ですね~!笑。

きっとどこかですれ違っているのでしょう!

平塚のお蕎麦屋さん・・・って【相州】ですか?・・・そこを息子さんに譲って大磯でやっているのが【月京 昭庵】です、美味いですよ、ご存知?http://andokobo.blog73.fc2.com/?q=%BE%BC%B0%C3

オリベコース、ついに!ですね。
ボリューム的に軽目なので、コースのときはサバ寿司をプラスすると
ちょうどいい感じでっせ。次回ぜひぜひお試しくださいませー。

takuさん行きつけのお店ですね。

オリベ、僕はまだ書いてなかったのでした。

鱧の季節だな~!とか昨年のオリベを思い出していて、いつだったか自分のブログを見たら、書いていなかったことが判明したのでした。

takuさん一家は事あるごとにお使いのようですね、オリベ。
美味しいですね、お料理。
あれは酒がないと地獄です!

運転してくれる人がいたら僕おごってしまうのですが・・・いません?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/414-cefa3f65

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad