日々徒然

創作家具 安藤和夫

【葡萄舎】再び!

8716 (11) 
 他のお客さんが注文していたのを垣間見て(下品ですまんです)、「次はあれ行こ!」と決めていた【ピザ風ハンバーグ】。


 たっぷりふっくらハンバーグパテに玉ねぎとチーズを乗せてとろけた上にトマトソースをたっぷりかけてあります。このソースがトマトの酸味が効いているのにやさしい味で、あふれ出る肉汁とのバランスが秀逸なのでした。癖になりそうな味です。
 でもパテちょっと大きいかな!(僕には)ご飯となめこ汁がついて840円。

8716 (18) 
 これがランチタイムの最高値メニュー!といっても1260円の【お勧め、煮込みハンバーグ】グツグツ煮えながら出てまいります。
 ドミソースたっぷりなので写真では真っ黒ですが、ふっくらハンバーグと共に添えられているのは、にんじんじゃが芋ブロッコリーなど、正統派ビーフシチューのたたずまい。このメニューだけ、ナイフとフォークが出ます(他はお箸です)。

 どのメニューも油コテコテでないので、肉料理といっても後でもたれないのがこちらのハンバーグ料理の特徴でしょうか。健康的でやさしい味のお店ですね。

 開店30周年を迎えている葡萄舎さん、始められた頃は洋食屋さんとして賑わっていたのでしょうが、家庭の主婦のお料理が激変した今、このお店のお料理は逆に家庭の味、料理上手なお母さんの作った洋食のように感ずるのは僕だけでしょうか?懐かしい味なのです。安心していただける愛情たっぷりのお料理なのでした。

 横浜の野毛にある洋食キムラの昔の店を思い出します。

 【葡萄舎】さん、今度は夜に行って見たいですね。アラカルトもたくさんあるようです。夜が本領発揮なのでしょう。

コメント

葡萄舎さん。

ご無沙汰して3年経過中(笑)歴史を感じる素敵なお店♪
上の雀荘は健在なれど隣の宅配ピザは撤収。。。でしたっけ?

ハンバーグとかカレーとかコロッケって、永遠に続く郷愁の味♪
洋食キムラ@横浜、煉瓦亭@銀座など、むしろ今のほうが大繁盛。
お母さんは、家で作ってくれないのかなあ、と日本の未来を心配したり(笑)

しばし他店でのグルメに浮気し、

飽きたらサケのように帰ってくるお店としたらいかがでしょう?
きっと暖かく迎えてくれそうです。

葡萄舎さんをあしがら平野の【味の座標軸】にしませんか。

先日○造さんに久しぶりに行ったらイベリコYさんのお話が出ましたよ(笑)
いつかご一緒に!

行ってきました

今日 気になっていたので、 行ってきました。

ピザ風ハンバーグを僕は注文。
知り合い達には お勧めの煮込みを注文。

ほんとジューシーで美味しかったです。

うちからも近いので、これからもちょくちょく行ってみます。

行かれましたか!笑。

ほっとするお味でしょ?
こういうお店大事だな!と最近思っているのです。
ご贔屓に!って言うほど行ってはいないのですが・・・笑。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/411-86d90d4d

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad