日々徒然

創作家具 安藤和夫

ウメ子さんが還暦を迎えた。

1950年、一頭のメスのインド象が日本に来ました。
当時三歳だった彼女はウメ子さんと名付けられ、
小田原城の天守閣を見上げる動物園に住んで早57年。
今年還暦になるというのです。

実は僕、ウメ子さんに謝らなければならないことがあるのです。

今をさかのぼること45年以上前(多分48年)のことなのですが、
小田原市内で生まれた僕は、小田原城址公園が遊び場でした。

ある日、いつものように動物園で遊んでいたところ、
象舎の前を通りかかった僕と友人は、
何を思ったか、象をからかい出したのでした。
当時若かったウメ子さんは元気いっぱいでした。

「わ~い、濠を飛び越してみろ~!」
などと言ったかどうかは覚えていないのですが、
深く掘り込まれた濠の向こうで、
鼻を高々とかざし、
パルルーンといきり立っているウメ子さんの目の前まで行き、
はやし立てては逃げ、
又、戻ってはやし立ては逃げるということを繰り返していたのでした。

何度かの往復のあと、あの忌まわしい事件は起こったのです。

象さんに背を向けてダッシュしている僕の右後頭部に衝撃が走ったのです。

周りで僕たちを見ていた観光客がいっせいにどよめき、
次にそのどよめきは爆笑に変わりました。

僕のかぶっていた野球帽(なぜかジャイアンツ)は吹っ飛び、
その場に呆然と立ち尽くす僕の前方の地面には、
微塵に砕けた黄色い物体が、
数メーターにわたって放射状に散らばったのでした。

事の次第を理解するまで時間はかかりませんでした。

ウメ子さんは自分の糞を鼻で持ち、
僕の頭めがけて全力投球したのでした。

ソフトボールくらいの大きさのそれは、
外側が酸化して茶色くなっていても、
中側は鮮明な黄色であることをそのとき知りました。

そして投げられたものが柔らかい糞で良かったと、
だいぶ後になってから、恐怖と共に思い出すのでした。

その後僕達はどうしたか?
どんな顔をしてその場を立ち去ったのか?
まったく記憶がありません。
うなだれながらすごすごと帰ったのか?
はたまたダッシュして姿を消したのか?

しかし、あのときの放射線状に散らばってゆく黄色い物体の飛翔とその色は
鮮明に覚えているのです!

ターメリックイエロー!

きっと、僕の脳はこの一件を忘れ去ることで、
このショックから自分を守ろうとしたのではないかと、
前向きに考えているのですが・・・!

近いうちにウメ子さんの所へおもむき、
半世紀前のこのことをお詫びに行く予定です。

今までその勇気がなかったのですが、
ウメ子さん還暦という記事に触れ、決意した次第です。

「ウメ子さん、あの時はからかって、ごめんね!」


http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiisep0709237/

http://blogs.yahoo.co.jp/srdrd745/51421311.html

http://www.paopaoland.com/tokuhain/tokuha06/46odawa5/index.html

http://kou.livedoor.biz/archives/51298232.html

コメント

そんな事があったんですね。きっとウメ子さんも許してくれますよ。ウメコさん還暦~?!とても長生きですね。でも象さんって凄く頭が良いんですよね??
だから最近象の研究がはじまったって聞きました。

実は私も被害者です。

でも、かけられたのはお水。手すりにはりついて見ていたら、いきなりぱお~っとそこにいた人達にまんべんなく降り注ぐ水しぶき。そのあとすぐに、彼女はすっとこすっとこ象舎に逃げ込みました。。そしてしばらくするとまた出てきて、同じことをしようとしているようでした。先に洗礼を受けた人達は遠巻きに、次の水かけを観察するのでした。

こうしてず~っと一人でここにいて、することがなくて退屈でしょうがないんだろうな…仲間がいたならこんなこともしないんだろうに、と、いろんなことを考えました。公園の遊園地が無くなると聞いたときにはその身を案じました。でもまだ現役であそこで頑張ってるんですね。良かった(^^)

そのうちに還暦のお祝いに顔を見に行ってみようかな。キャッチボールでもして遊んであげたい気持ちになりました。

ウメ子さんは偉い!?

naonaoさん、こんにちは。
象、本当に頭よいですよね、僕の顔おぼえているかな?・・・怖!

nyoroさんはお水ですか?結構被害者いるのかな?
僕の場合はこちらが加害者なのでなんとも言えませんが、
若い頃は結構無茶していたようですね、ウメ子さん。

こんにちは!
実は例のコラムで還暦@ウメ子さんを紹介しようと思っていたところで
&Oさんのせつない告白(?)を拝読し、ウメ子との間にそこまでディープな思い出がない自分には
ウメ子コラムなんて書く資格はないんじゃないか、と思い悩んでいる今日このごろです。
どうしようかなあ。だはは。

取り引き!

takuさん、こんにちは。
僕の思い出、譲ってもいいですよ!
夜ノーブル&夜ラスカルで手を打ちましょう。

ついでにnyoroさんのも買っちゃいましょうよ!

絶対秘密。
ここだけの話にしときますさかい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/218-1fd77a49

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad