日々徒然

創作家具 安藤和夫

【ご近所で手打ちそば?】

渋沢の「手打ちそばくりはら」は、
最近繁盛店になってきたようで、嬉しい限りです。
→ブログ2006・12・31「手打ちそばくりはら」ご参照。
IMG_3885.jpg
ちょっと以前のブログで、
地元小田原にある美味しい手打ちそば屋さんを、
もったいぶって、店名を伏せてご紹介したことがありました。
ブログ6・25「秘密にしていたおそば!」ご参照。
答えは「星月」だったのですが、
そのときの書き込みで、他店の存在を教えてくれた友人がいました。
どうも隠れ家のようなお店らしい?
名前も変、いや失礼、変っている?・・・あやしい。
それも、僕の紹介した星月とは、まさかと言うほど近い?

コレは行かずば!と勢い込んだものの、
なかなかタイミング合わず。
ついに最近行って参りました。
IMG_3883.jpg
お昼のセットは盛りだくさん。
せいろ:香り高い(が若干茹ですぎか?)
つけ汁:かなり好み。
掻き揚げ:さっくさく。
鴨:美味いが少し味が濃かった。
わらびもち:もちもちでよろし、本格派。
と、かなりの高得点。
IMG_3884.jpg
駿河湾産さくらえびの掻き揚げと、
小柱、いか、木の子などの掻き揚げ、の二種。
からっと揚がっています。こりゃ、芸です!
でも、気持ーち油が残るのはなぜだろう?
(ほんの少しなのですが。体調かな?)

全体にかなりのレベルのお蕎麦屋さんでした。
なぜ今まで知らなかったのだろうと言うほど、
誰も言わなかった。(教えてくれなかった?)

しかし、この場所、教えてくれなければ、
わっかんないよな~!という中途ハンパな立地。
道路沿いに看板は確かにあったけど、
この店名も正直言ってかなりリスキーに感じていまして、
以前、偶然通りかかったけどノミネートしなかったところなのでした。
今回は信頼できる複数の友人のご推薦と言うことで
勇気を奮って(誰が!)入ったのですが、
入る気で行かなければ絶対入らないお店(断言!)

そしたら?・・・あらやだ、良い感じ。
セット内容もかなりのハイパフォーマンス。
満足でございました。

夜メニュウも充実しているようで、
今度来よう。

でも、ここってタクシーしかないよな?

今まで食わず嫌いしていてゴメンズ!※

萬人(マニン)
小田原市鴨宮549-4(鴨中近く)
0465-49-1044
11:30~14:30
17:30~20:00
定休日:月・第23火曜日

※:ゴメンズ:お詫びの心を最大級表現する時につかう言葉。
小田原周辺の、ごく狭い世界でのみ通用するので注意が必要。
震源地は西海子?


コメント

ごめんず

この正確な用例は、本心では絶対あやまりたくないのに、仕方なく謝らなくてはならない時、
「ほら、Sちゃんが泣いちゃったじゃないの、謝んなさいっ!!」
「・・・ごめんず。」
といったように、しぶしぶ謝る感じ。ごめんねの語尾を打ち消す?意味。
これでは、謝られたほうはちょっと??感じ悪~ですね・・・
モモ語に属します。
嫌な客、上司、先生などに謝らなければいけないとき、心の中で「ず」をつけてくださいまし。

さて、最近二回も蕎麦処「くりはら」に行ってきました。全てのお料理が品が良くて、鄙びていて美味しゅうございました。オーガニック食材が売られていたり、和風ロハスな雰囲気も素敵でした。ただ一点、つけ汁にもう少しコクと旨みがあったら最高でした。でも、こういう蕎麦屋が、足柄平野に増えると嬉しいな。

おお!こ、こ、これが…あの…ですな。
ボリュームありそうなお昼のセット、さあハウマッチ(なんだかなつかしい!)?

秋はやっぱりお蕎麦ですね~♪

もう一押し!私もお値段気になっております。
くりはらさんも、すべてがいいかんじの素敵なお店ですよね。
また行きたくなっちゃいました。

ごめんず!

そうでした。「ごめんず」の“ず”には強い否定の意思表示が込められていたのでしたね。
意に反して頭を垂れざるを得ない深い悲しみがこの“ず”に凝縮しているようです。
心の中で“ず”を唱える・・・すてきな用法をご教示くださり恐縮です。
深く伝染し始めているようです、この言葉!
ウラル・アルタイ語族、モモ語・・・でしょうか?

くりはら、ご贔屓くださってありがとうございます。
そうなんです、汁、同感です。
「最近、美味いそばやさんでも(くりはらがというわけではないが)、
汁に今ひとつ迫力が感じられないなぁ!」と
先日、○南○外○さんとも話していたところでした。
ほんと、くいしんぼは欲深です!

takuさん、どもです。
ほんとは行ったのは随分前なんですが、
アップするタイミング逸しました(なぜかって?・・・内緒、笑)

nyoroさん、
くりはら、又丹沢の帰りに寄ってくださいね。
「萬人そば膳」1,380円11:30~13:00限定です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/197-a7084ea1

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad