日々徒然

創作家具 安藤和夫

「あられ組み」そして「天秤指し」

木と木の組手として以前「あられ組み」をご覧いただきましたが、次は一段グレードが上がって「天秤指し(てんびんざし)」と言われる仕口(しくち)です。
aDSCN7328 (2)_2376

 片側のホゾ(♂)に角度が付き、台形になります、組み立てると外れにくい頑丈な構造になります。
 大工さんの仕事は柱と柱を複雑に加工して継ぐ仕事が多い(継ぎ手といいます)のですが、私たち家具・指物の場合、板と板を組む仕事が多いのです。
 この部分の仕口、まだまだ上のグレードがあります。・・・そのうちに!


aDSCN7324 (2)_2375
組みあがった「天秤指し」・・・美しいリズムが感じられるので、木工を志す初心者は多く採用する仕口です。
仕事の達成感もありますし、ご覧になる一般の方にも受けの良い構造です。

aDSCN7310 (2)_2380
ほぞ(♂)を造り出してゆきます。

aDSCN7313 (2)_2381
専用の機械がありますが、値段も高いので、一点制作の場合、手で造った方が早いし、楽しいし、割り振りも自由なのです。

aDSCN6924 (4)_2329
これは簡易な機械を使って等間隔の組手が刻めるように工夫して組んだ「あられ組み」
長年木工を指導している作業所での指導に用いた仕口です。

aDSCN6927 (2)_2326
複雑な組み手に見えますが、連続して等間隔のホゾが並びますので、慣れてしまえば繰り返し作業を続ければ出来上がる、比較的単純な組み手です。
工業用の木工部品などにも専用の機械で多用されています。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/1493-d2c9a153

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad