日々徒然

創作家具 安藤和夫

「コンソールテーブル」様々。

コンソールテーブルが好きです。
IaaMG_4851s_201705141129339f8.jpg
拙作「コンソールテーブル:「安藤和夫木工展」横浜高島屋美術画廊
以前にも書きましたが、複数の方から「コンソールテーブル」のお問い合わせがあります。
拙作をネットでご覧になったということでした。

本来的に言うと玄関ホールなどに置いて壁麺に絵を飾ったり、花瓶に生花などを飾ったりして、来訪者をお出迎えする什器ですね。
もちろん居間の中央に置かれることもあります。

私はかねてより「しつらえ」を重要なテーマとして家具を制作して参りました。

和の空間であるのならば「床の間」がその場としてあらかじめ設備されています。

ではマンションの一室だったり、洋間であったり、あるいはコンクリート打ちはなしのクールな空間であった場合!

そんな想定の上で「しつらえの場」を思い浮かべるのは楽しいものです。

その答えのひとつが、私の造る「コンソールテーブルです。

日本人の持つ感性のなかでも特筆すべきもの之ひとつとして「季節感」があると思います。
その感性を積極的に住まいの中に取り入れてゆく。

そのステージとしてコンソールテーブルはうってつけなのです。

 花活けに季節の野の花を挿して!
 十五夜にはススキとお団子を飾って!
 季節を感じる洋風床の間としても有効です。

もうひとつ、別のタイプのコンソールテーブル。
画像 095 (2)
このコンソールテーブルは横浜市中区日本大通り「ギャルリ・パリ」さんにございます。

コンソールテーブルの中央部のアップをFB「創作家具 安藤和夫」ページ(リンク)のカバー写真に使っています。
楕円の縦で25mmくらいでしょうか、ここは胡桃材です。洋風なイメージですが脚部と甲板との木組みは「三方留め接ぎ」、指物の技法でジョイントしています。





コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/1490-8da5b2ee

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad