日々徒然

創作家具 安藤和夫

バーキャビネット!

都内某所にお住まいのクライアント様宅。
6090520001.jpg
キッチンとリビングとの間にバーキャビネットを施工いたしました。

6090520008.jpg
最上部。

6090520004.jpg
キャビネット上部は凹型にへこんでいます。

6090520009.jpg
それに対してカウンター部は凸型に出ています。

6090520005.jpg
バーはカウンターが命。
指先のために面を取っています。

6090520011.jpg
カトラリーの入る薄い引き出しを二杯カウンター下部に設置しました。

6090520010.jpg
背景のモザイクタイルにも調和し、落ち着いた雰囲気が現出したと自負しております。
高さの違うバーストゥールを二脚。

お二人でカウンターに向きあうとき、まっすぐのカウンターではお二人の視線は平行線です。
カウンター中央部を出し、少し斜めに振ってあることで、お二人の視線は交差します。
ゆったりとした時間が流れますように。

材は楢材、たも材、栗材などの広葉樹を多用しています。
クライアント様とも密に打ち合わせを重ね、ダークオーク色に目止め塗装を施し、ご意向に沿うべく、落ち着いたクラシック調にしました。
金具はクラシック家具らしく真鍮の磨き、無塗装ですので、時間が経つと渋い光沢になってゆくと思います。

造り付け家具なのですが、マンションのため、壁面には一切傷をつけない方法を工夫いたしました。

末永く使い込まれてゆくことを願っています。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/1464-d674e41b

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad