日々徒然

創作家具 安藤和夫

25年以上前の作品に再会しました!

造り付けリビングボード!
50317z0001.jpg
 昔、私が独立して間もない頃にオーダーいただいて造らせていただいた作品です。

 当時はテレビが大きく、特にブラウン管の奥行きは大変深いものでした。それにあわせて下部は深い奥行きを取りました。左右に開く巻き込み戸を設置し、テレビを見ないときは隠すようにしました。私のインテリア感をクライアント様にお話し受諾していただき実現しました。
 テレビ左にはオーディオセットが入り、左右にはスピーカーが内蔵されています。
中段は飾り棚にし、ダウンライトで中央部をステージにしました。

 出っ張ったL型の壁に設えた複合型リビングボードです。

ーーーいきさつーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 工芸会で初めてお会いした方と「お住まいはどちら?」という会話から、なじみのある駅名に「○○○町に知り合いがいます」と申しましたら、「えっ?」・・・「大きなお宅ですよ、えーっと、お名前が?」・・・「○○さん?」・・・「あっそうです○○さん、私のお客様です」…「その人、私の叔父です!」・・「え~~!」・ということで偶然の出会いがありました。

 その後、お写真を送ってくださいましたので、許可を得て掲載させていただきます。およそ25~28年くらい前の作品です。
 私は修行が横浜元町クラシック家具でしたので、独立当初は私の造る家具も大概は洋家具の意匠を踏襲しておりました。

 その後、徐々に亜細亜の文化、そして、我が日本の文化や建築などを研究することで、現在のスタイルになってゆくのですが、この家具はそれ以前、独立初期の貴重な作品です。

 Mさん、ご縁ありがとうございました。
 叔父さまのKさんによろしくお伝え願います。ありがとうございました。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/1419-de98567d

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad