日々徒然

創作家具 安藤和夫

「ひかりつけ」とは?

「ひかりつける」と言う技法がある。
50301Z0020.jpg
礎石のカタチに木を添わせて削りつける仕事の事を言う!ここでは三方からひかりつけている!


横浜本牧三渓園。

園内には日本各地から移設された寺社仏閣が配置されている。

今回はそれらの足元を見てみたい。

日本古来の建築において、基礎は「独立基礎」が基本。
50301Z0018.jpg
自然石を地面に据え、その礎石の上面のカタチに添わせて木を削る。

50301Z0019.jpg
この柱は上部と一本に見える。

つまり長い柱のまま下まで伸ばし、設置面を削って石に合わせたようだ。

大変な仕事なのだが、強い意思とともに工人の喜び(楽しみ?)、も垣間見えるさりげない仕事である!

50301Z0016.jpg
木部に修理痕が見える。

設置部分が腐ったため、新材を造って嵌め込んだのか?

50301Z0015.jpg
削ってはあわせ、をくり返し、何度ひっくり返してみたことか・・・そんなことは知らんぷりの見事なひかりつけ。

美しいケシキ。

50301Z0021.jpg
これはまいった!

うっすら削っている。・・・やるなおぬし!
気がつかないと思ったら大間違い。
ちゃんと見てるさ!w

ーーーご案内ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三渓園で行われます 【日本の夏じたく 展 】に私も参加いたします。鶴翔閣にてお待ち申し上げます。

会期:2015年 5月21日(木)~ 24日(日)
時間:21日 13:00~16:30
    22・23・24日 10:00~16:30
会場:横浜本牧 三渓園 鶴翔閣他。

日本の夏じたく展 FBページ(リンク)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/1415-71cbf923

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad