日々徒然

創作家具 安藤和夫

「祈りのかたち展」:九つ井「山の上ギャラリー」!

「はこ展」が発展し、ついに「祈りのかたち展」になりました。
40820z_0001_1.jpg
かねてより私が個展の副題として掲げてきた「祈りのかたち」という文言。




最近、多くのもの造りの方々もお使いになるようになりました。
同時代性ということもあるのでしょうね。

こちら「山の上ギャラリー」でもついに「お厨子の展覧会」が始まっております。

40820a_0001.jpg

40820z_0001_2.jpg
小諸の谷進一郎さんの竹のお厨子。国画会に出品されていた作品ですね。端正な作品です。

40820zx_0001.jpg
国画会の重鎮、松崎融さんの作品。

中には小さな仏様が、米田文さんの作品。

40820zxx0001.jpg
静岡県の藤井慎介さんのお厨子。

40820zxc_0001.jpg
神奈川県の角井正夫さんのお仏壇。

40820zxzc_0005.jpg
大きなガラス張りのギャラリーには様々なジャンルの作家の作品が並んでおります。

40820zxzc_0003.jpg
奈良千秋さんの白磁。

40820zxzc_0002.jpg
松尾一郎さんのガラスの箱。・・・骨壷にもなりそうです。
ミルフィオーリの作品。

40820zxzc_0006.jpg
三好かがりさんの漆芸作品、切貝を象嵌した箱です。

40820zxzc_0009.jpg
磯貝晴弘さんのガラスの「泉」

40820zxzc_0008.jpg
清水真由美さんの陶、練り込みの作品。

40820zxzc_0007.jpg
磯貝晴弘さんの「硝室」という作品、骨壷?

40821a_0001_1.jpg
寄神千恵子さんの陶筥。

40821z_0001_1.jpg
小曽川瑠那さんのガラス!

40820zxzc_0010.jpg
松尾一郎さんのガラス器を拙作神代楡厨子の内陣に置いて。

内陣背面の箔貼りとガラス器の金箔が呼応して美しい!

40820zxzc_0013.jpg
玉田恭子さんのガラス作品を拙作神代楡厨子内陣に置いて!
40820zxzc_0012.jpg
ガラスを積層して複雑な階層を持ったガラス作品の内面に内陣背面の金銀箔が映り込み、幽玄な世界を現出する!

40820zxzc_0011.jpg

40820zxzc_0014.jpg
左は谷進一郎さんの棚に奈良千秋さんの白磁花入れ、
右は娘、安藤ニキの絵画(共感覚シリーズ)を背面に配した拙作神代楡厨子。題名は「天国への階段」

40820zxzc_0015.jpg
和室棟の床の間と違い棚に置かれた拙作お厨子!

全部の作品はご紹介出来ませんでしたが、見ごたえのある展覧会だと思いますので、是非ごj高覧いただけたらと存じます。

40821cx_0001.jpg
山の上ギャラリー全景。

40821zx_0001.jpg

40821zx_0002.jpg

40821zx_0003.jpg
入り口!

~9月21日まで。





コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/1382-c57e7499

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad