日々徒然

創作家具 安藤和夫

「美の壺」に取材されました。

「NHK アート鑑賞マニュアル 美の壺」の撮影が工房であった。
binotubo_0001.jpg
スタッフの方が5人も来て、機材も本格的で(失礼)びっくり。


9月27日放映予定「文豪の机」・・・らしい。

神奈川県立近代文学館「夏目漱石の書斎」家具類の複製制作がきっかけでの取材依頼なのでした。

夏目漱石さんの文机の複製を造った工人としての「漱石さんの机とは?」を聞かれたのでした。

なので、ワタシの家具が紹介されるわけではありません。(先に断っておこう!)

御参考:【夏目漱石の書斎!】・・・ブログ!http://andokobo.blog73.fc2.com/blog-entry-1223.html


しかし、最近、ビデオカメラの飛躍的な進化で、かなりコンパクトなカメラでの取材に慣れていたワタシでしたが、今回のカメラの大きさにはびっくり。
ハイビジョンカメラなのかな?BSだしね。

工房内色々なところにライティングのポールが何本も立ち並び、照明さんは持参された葉っぱで影を作って背景の雰囲気作り。

音声さんは外で啼く蝉を追い払いに行くし、外を車が通るとやり過ごしての撮影!

・・・修行当時のテレビ取材を思い出しました。

昔の取材って凄かったですよ。(元町での修行時代に何度か経験あり)
大きなレントゲン車みたいな特別車両が横付けされ、車体につながれた太いケーブルが何本も延びて、その先には大きな箱型のカメラがド~ンとあるのでした。
一日中撮って、放映されたときにはびっくり!
なんと数分で終わってしまったのでした。

その後、何度か取材を受けることがありましたので、「5時間撮って放映は5分!」などとということも理解できるようになりましたが、テレビというものは大変な労力を掛けて作られているのですね~!

暑い中、工房を締切っての撮影、お疲れ様でした。

はたして私は何秒映るのか?・・・笑。

コメント

録画している美の壺をみてびっくりしてます。

先日は名刺交換させていただきまして光栄です。ありがとうございます。
今日も一日が終わり、大好きな焼酎を水で割りながら録画していた番組をつまみにしていたところ、つい最近、ご挨拶を交わした安藤様が登場しているではありませんか!
以前にも私の骨董仲間が「美の壺」に出演したことはありますが、
今回はおもいもよらぬご出演に驚き興奮し、ついつい、パソコンを立ち上げなおしました。
今回のご縁に感謝し、コメントさせていただきした。
突然の失礼をお許し願います。
今後も、何かとご縁がありますよう、よろしくお願い申し上げます。
大村 学 拝

ありがとうございます。

ご高覧、そしてご連絡ありがとう存じます。
このたびは小田原市民会館での「Art Today」ご尽力いただきまして誠にありがとうございました。
ご縁いただきまして感謝です。
これからもご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。安藤和夫

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/1333-831fe1f1

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad