日々徒然

創作家具 安藤和夫

「あしがらの春 Ⅰ」

コナラの新芽!
0405_0003.jpg
私の住む神奈川県西部、・・・

・・・小田原市や南足柄市、山北町、開成町、大井町、松田町など二市八町を含むエリアを、私は勝手に「あしがら」と総称しています。
 箱根・丹沢に降った雨が野山を潤しながら里に下り、平野を潤して相模湾に注ぎます。

 その酒匂川などの河川流域全体をくくる言葉を探しておりますが、暫定的に(勝手に)「あしがら」と称していることをお許し下さい。

 「足柄平野」という名称がありますので、「足柄山の金太郎」などこの地域固有の名称ですので「あしがら」はあながち間違えではないのですが、もっと広いカテゴリーを想定しています。

 それは地勢上の概念だけでなく、経済圏・文化圏をも視野に入れた地域の全体を包含するイメージと思っています。

 海・山・川・空・大地・里・人、この全体で「あしがら」が形成されています。

 今日はあしがらの春をご紹介したいと思っています。

0405_0002.jpg
モミジの開花。

0408_0001.jpg
これも違う種類のモミジの花。


momijitane_0001.jpg
花のあとには種が出来ます。熟すとプロペラのように舞ってゆきます。

0405_0001.jpg
名残の葉桜。・・・永塚観音堂。左の方に私の工房が見えています。

0408_0003.jpg
永塚田んぼの周縁部にあるケヤキに新芽が萌え出ています。

遠くに見えるのは千代中学校。

kiji_0001.jpg
梅林の下で雉子が啼いていました。

koketora_0002.jpg
雨の日は苔が美しい。

 季節が日々めまぐるしく変化してゆきます。

 新らしい命の芽吹きを嬉しく思うとともに、果たして来年もこの景色を観る事ができるのだろうか!・・・と思う今日このごろです。

「あしがらの春」・・・まだまだ続きます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/1313-51286cfe

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad