日々徒然

創作家具 安藤和夫

テーブル&チェアのセットをお納めしました!

aDSCN0403.jpg
クライアントさまのお宅に搬入したところです。

テーブルの使用材は栗の一枚板です。
aDSCN0388.jpg
板の幅は70センチ以上あります。
大きな栗ですね。大地に根を張って生活していた頃は、さぞかし大きな栗の木だったでしょうね。


この栗の板は京都で手に入れたもの。

数奇屋建築の部材を揃える材木屋として著名な「千本銘木商会」さんで手に入れました。
こちらのお店、坂本竜馬をかくまっていた事で有名な老舗です。

産地は紀州。

山主さんが「千本さんへ納めるのだから!」と、伐り旬(適切な伐採時期)などを厳密に管理して伐採し、製材された板なのだそうです。

数奇屋対応ですから、寺社仏閣や数奇屋建築などを手掛ける棟梁に納入することが多いため、器物になってから使用する想定年月がべらぼーに長い。

そんな、日本の木に携わる諸職が、伝統的ワザを駆使し、吟味し、丹精した板なのです。

私が手に入れてからでもそろそろ10年の歳月が経っております。

その間、板の反りをずっと見続けておりますが、まったく反らない!・・・これは驚異的。

如何に上手に仕上がったか!・・・見事な板です。

長さは3メートルあり、出来得れば長いまま使いたかったのですが、この長さで使えるクライアント様に今まで出会えず、遂に長さを切る決心をしていたところ、知人のご紹介で工房にいらした方の目に留まり、半分の長さでそちら様へ行くことが決まったのでした。

これだけの養生を経た板ですから、絶対狂わない自信があります。

火事にさえ遭わなければ数百年は長持ちすることでしょう。

aDSCN0392.jpg
この皮目のところは“ケシキ”として半分残しました。

反対側も一部皮目を残しました。

aDSCN0375.jpg
椅子です。

座はペーパーコードで編んでいます。

夏、涼しく、冬も板座のように冷たくないのです。

末長く可愛がっていただけましたら幸いです。


コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/1276-5a880356

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad