日々徒然

創作家具 安藤和夫

映画「ル・アーブルの靴みがき」をジャック・アンド・ベティーで見る!

映画「ル・アーブルの靴みがき」(ユーチューブ)
eiga.jpeg
アキ・カウリスマキ監督最新作。いや~良かった~。大人の映画です。
リアルな映像でフランス庶民の生活感をリアルに活写していますが、スリリングな展開もあり、はらはらします。ここいらあたり、映画の醍醐味を十二分に味わえます。

移民問題を主のテーマに据えているため、重いシーンもありながら、見て行くうちに、徐々に“ナニカ?”に気が付いてゆく感覚があります。・・・?・・・リアリズム映画とはナニカが違う軽み?・・・最後は映画ならではのハッピーエンドにびっくり。映画なら出来ることがあるんだな~!と改めて映画の可能性を見直した。秀作です。

冗長な説明も無く、交わされる言葉が深くお洒落、文化の違いを感じます。
いや~映画って本当にいいもんですね~!

シネコンにかからない映画を見ましょうね。

横浜「ジャック・アンド・ベティー」は素敵な名画座です。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/1258-c5ad8142

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad