日々徒然

創作家具 安藤和夫

「辰巳芳子講演会」in小田原、無事終了いたしました。

会場の報徳会館「天空」には、たくさんの方々にご来場いただきました。
tatumi2_0002.jpg
小松菜を持って、命の根源に向き合うお話をする辰巳芳子先生。 皆様、ご講演はいかがでしたでしょうか?

 小田原市長加藤憲一氏にもお声掛けしたのですが、同時刻公務の為、ご臨席が適わないということで、お届けくださったメッセージを私が代読させていただきました。大変お心のこもった文章でした。

 辰巳先生も、お帰りになってから再読されたようで、とても感心しておられました。「お義理で書かれた文章とまったく違う、お気持ちのこもったお手紙でした、・・・一度お会いしたいわね!」とおっしゃっていました。・・・加藤さん、お呼びしましょうよ!・・・それとも、お訪ねします?

 昨日、辰巳先生からお礼のお言葉を頂戴いたしました。
 「とても綺麗な素晴らしい会場でした。そして、いらして下さった方々が素晴らしかった。私のお話を真剣に聞いてくださったことが良くわかりました。美しいポスターも作っていただいて、今まで色々なところで講演をしてまいりましたがこの度の皆様の計画してくださった講演が最高でした。」とまで言って下さいました。主催者冥利に尽きます。

 改めて経過をお伝えしますと、辰巳先生は今月に入り体調を崩され、聖路加病院に検査入院、即手術でした。私、一時はこの講演会の中止案内まで作っておりました。
 しかし、16日に手術をなさった直後にも関わらず、入院中の先生からのお電話があり「皆様にお伝えせねばならぬことがあるの!」とおっしゃいました。そして「26日には必ず行きますから!」・・・絶句でした。

 辰巳先生を突き動かしているもの、それは「使命感」なのだと思います。
 崩壊しつつある日本文化を守るため、先生は多くの言葉を残しておられます。嘆く背景には美しい暮らしぶりの実践がおありなのです。
 最近では、若い子育て世代の女性の食生活の拙さへ警鐘を鳴らして居られます。ジャンクフードで体をないがしろにしたら、このままでは未来が危ういと心配されています。
 人の命を大切に思うお気持ちは、原発への明快な批判にも繋がります。「生命が無くてエネルギーがあっても仕方ない!」原発を推進する人たちとお会いした時のこと「あの方たちに話は通じない!」と嘆いておられました。

 全てが人間の根源的なるところに発しているのでしょう。それを忘れてしまっては、人は生きてゆけないのです。
 その想いで、ご無理をおして、遠路小田原にお運びくださったこと、本当に感謝です。



 チケットをお取り扱いくださった企業、お店、個人の方々、細々としたやり取りをお願いし、手数をお掛けしました、ありがとう存じます。

 準備から含めまして、当日受付など、瑣末な業務にご協力いただいた神戸さん、山崎さん、濱舘さん、村木さんに感謝申しあげます。

 ご講演の模様を映像で記録してくださった松永勉さん、ご協力感謝です。

 露木順一さんの門下生、関東学院法科の学生諸君もご苦労様でした。

 ポスター・ちらし制作のstudioBIANCO小林さん、素敵なポスターありがとうございました。辰巳先生も大層喜ばれておいででした。

 本当に素晴らしい、小田原で一番の会場をご提供いただいた報徳会館の草山明久宮司様他、スタッフの方々にもお礼申し上げます。

 映画「天のしずく」の河邑監督他の皆様にもお出でいただきまして、光栄に存じます。予告編も上映できましたことで、より充実した講演会に出来たと思います。
 映画の完成時には、又ご縁が出来ますことを夢見ております。

 不慣れな司会で、お聞き苦しいところも多々あったかと思いますが、お許しください。
 実は、用意していた台本を、開会直前に飲み物を買いに走った途中で落としたらしく(後に駐車場の方が発見、あとの祭り、哀)頭真っ白でのアドリブスタートでした。冷や汗たらたらでした。
 なまじ原稿など用意したおかげで、全ての“言わねばならぬこと”などが飛びました。もうグズグズでした、失礼しました(笑)。

 「タウンニュース」岸田記者が取材してくださいました。月末号かその次に掲載だそうですので、ご注目ください。

 露木順一さんがブログに書かれています。(リンク

会場風景をスナップで!
報徳会館「天空」は素晴らしい会場ですね。
片面が前面ガラス張りで、小田原城の緑陰が目を慰めてくれます。
tatumi2_0007.jpg
満員です。

会場左からのアングル!

左の方が辰巳芳子先生。

tatumi2_0003.jpg
右から!

tatumi2_0005.jpg
正面から!


tatumi2_0006.jpg
少しズーム!

tatumi2_0004.jpg
も少しズーム!

tatumi2_0001.jpg
最期に関東学院法学部の学生諸君から花束贈呈!

左端は本企画の発起人の一人である露木順一氏、学生さんたちをお手伝いに連れてきてくれました。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさま!

講演会にご来場ありがとうございました。
辰巳先生へのご質問をなさりたい方々が多くいらっしゃることは承知しておりましたが、講演後に予定しておりました各種ご案内なども全てカットして、最大限、辰巳先生のお話をさえぎることは無いように勤めました。
時間も大幅に超過した中での、「辰巳先生の肉声」最大値だとご理解いただければ幸いです。

幾つかのクレームをいただきました。

「質問をしたかった!」という方が多くいらっしゃったようです。

辰巳先生は、予定のシナリオがまったく機能しないほど多くの時間をお話くださったのでした。

結果として、ご来場者、個々人の方々の「想い」「ご質問」へのお時間が取れませんでしたこと、改めてお詫び申し上げます。

ご後援の後半に予定していた「河邑監督との対談」も、実現しませんでした。

かく言う私自身、用意した「質問」と先生にお願いしてあった「ある仕込み」も時間切れとなりました。(これは後日、ブログにて)

それもこれも、辰巳先生ご自身、この場でのお話に「興が乗った」結果であるということのようです。

会場、ご来場者、それぞれに先生はとても気に入ってくださいました。
「今まで出一番の講演会・・・」といってくださったのです。

その結果、ご来場くださった皆様の時間割が削がれたのでした、重ねてご理解お願い申し上げます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/1243-027f2a3f

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad