日々徒然

創作家具 安藤和夫

デザイン・フェスタVol・34・・・終了!

会場は東京ビッグサイト!
dezahuxesu2_0001.jpg
・・・でかいね~!

dezahuxesu2_0002.jpg
会場時間前にすでに長蛇の列が!

dezahuxesu2_0007.jpg
アトリウムのショースペースではダンスやらファッションショーなどのパフォーマンスが連日行われていました。

dezahuxesu2_0006.jpg
バリ舞踊!

dezahuxesu1_0002.jpg
会場にはコスプレイヤーが目に付きます。

禿げ頭でセーラー服着ているおじさんがいましたが、怖い顔して歩いているので写真撮れませんでした。残念~!

dezahuxesu1_0005.jpg
足の長い人。

それでもって、ここがニキのブース!
deza_0001.jpg

約3千ブースも出展する中で、油絵、それも人物を真正面から描いた絵!・・・は、無かった!
絵画はあっても抽象風であり、心象風景でありデザイン的。

ニキのブースは、も~ほとんどそこだけ違う世界!

まったく一瞥もくれないで通り過ぎる人達。一瞬見てひるむ人も。

いや~本人も書いておりますが、浮いてます、笑。

何が“浮いているのか?”・・・この秘密が解き明かされれば“浮きたがっている人”には朗報かと思いますが、ゆっくり検証してみることにいたしましょう、笑。

dezahuxesu2_0005.jpg
マスクの人は、話し始めたら外国の方。

dezahuxesu2_0008.jpg
ニキ本人もブログ(リンク)にも書いていましたが、ニキのブースに足を止めてくれるのは圧倒的に外国人。

なぜかはしらねど!白人・黒人・韓国・中国・アジア・・・。皆さん絶賛してくれました。

知り合いの訪問を受けました。
dezahuxesu2_0010.jpg
「美少女」さん。

横浜で行われた「ヴァージン・フェスタ」で向い側のブースにいた美形兄妹さん。

作品として「球体関節人形」を出品しながら、ご本人たちは黒づくめのコスプレに身を固めて他を圧倒していたお二人でした。

「今日はなぜにスーツ?」と聞いたら、4Fで妹さんが「美少女文化祭?」をプロデュースしており、彼はそこの引率の教師を演じているのだとか!・・・いずれにしろ185位はありそうな長身で目立つこと!目立つ人は何着ていても目を引くもんですね。

お二人、デザフェスでは有名なアーティストのようでした。
ご来訪感謝です。

dezahuxesu2_0009.jpg
アイパッドで見せてくれたその4Fのブース。・・・妖しい~!・・・行きそびれた、残念。

ほかにも何組かヴァージンフェスタで見知った顔が出展。
dezahuxesu2_0003.jpg
京都から来ている二人。「maco's aterier」。

そして、偶然ばったりで出遭った小田原の人!
dezahuxesu2_0004.jpg
キャンドル作家のミエさん(中央)でした~!あ~びっくり。

作家仲間三人さんでの出展。

ほかにも「tomogara」のkaoriさんとか、「筆文字」の寝言堂さんなどにも再会。

又、小田原の木工家4人の若者が出展(写真忘れました)。



初めて参加したデザフェス、面白かったです。

ひとつ判ったことは、ニキはデザフェスのカテゴリーに属していないことがはっきりと認識されたこと。

成功成功!


かくしてステージオヤジの任務は終わったのでした。

コメント

友人のイラストレーターが、時々出展していました。
少し、お祭り的な感覚のフェスタですよね。
その人も、《作品PR/広告》的な感覚で出展してました。

minaさんどもです!

ほんと、お祭りですね。
でも思ったより“おとなしい”のでした!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/1210-babe0b00

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad