日々徒然

創作家具 安藤和夫

田んぼの風景!虫の巻!

稲のハッパがこんなになっていたら!
tutomusi1_1.jpg


中にこんな虫が居るのです。
tutomusi2.jpg
稲ツト虫・・・イチモンジセセリ蝶の幼虫。
毎年おなじみのわれらの天敵です。

ジュズダマ
ジュズダマ!

kumo17.jpg
蜘蛛!


kumo4_1.jpg
違う種類の蜘蛛!

kamakiri9.jpg
蟷螂!

kamakiri8.jpg
違うポーズ!

田んぼに行くと色々な発見があります。
様々な生き物がそこで暮らしています。

命の宝庫です。

すべてのみなもとがあるのです。

日本は稲作に適した大地です。

いや、本来亜熱帯に自生していた稲をもたらした先人達が、営々たる努力により「稲作を根幹とした国家」を造ってきたのです。

それが今汚されたのかもしれない。

誰が汚した?

正しい右翼の私は今怒っている!

コメント

正しい右翼は、正しいと思います。
田んぼは踏み込めない場所なので、初めて知る驚きがあります。
イチモンジセセリは、子供の時には横浜の丘にたくさんいましたが、害虫だったんですね。そんなことも知らずに、たらふくコメを食べてきたわけでして・・・なんとも申し訳ない。

森さん、ありがとうございます。

正しい右翼は主食はちゃんと自給するのです。えっへん!

私は田んぼをやらない右翼は信じないのだ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/1180-854fd62c

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad