日々徒然

創作家具 安藤和夫

稲の露!

始まっちゃいました!
inenotuyu2.jpg
毎年恒例この時期私は「稲の露ハンター」となるのです!

稲の葉先に着く露のことを「稲の露」と勝手に言い習わしています。
tuyu12.jpg

tuyu11.jpg

tuyu10.jpg

inenotuyu1.jpg

Iootuyu13.jpg

ootuyu16.jpg

ootuyu15.jpg

ootuyu14.jpg

コメント

稲の露

綺麗!幻想的ですね。

でしょ~!

夕方から見られるのです。
根っこが吸い上げた水が葉から蒸散していますが、夕方からその蒸発の量が吸い上げより少なくなると、葉の内部から露となって葉に着くのです。
徐々に大きくなって最後は落ちます。
なめると甘いのです、甘露!

稲のつゆ

自然の不思議さ、あやうさ、はかなさ、可愛らしさ、生命の尊さ、が映っていますね。
この写真は、安藤さんの心の自画像であると私は思います。

いやいや!

森さん、言いすぎですって!
プロにそんなこと言われると舞い上がっちゃいますよ。まったくお恥ずかしい次第です。

露にはその向こうの景色が逆さに写るのです。
そこにピントを合わせたくって、努力しています。
が、所詮はコンデジなので、この程度です。

まあ、だからといって一眼を買おうとは思わないのですが。
なぜなら、これを撮りにいったのではなく、行った時に見えたものを撮る!
これが私の作法です!(てほどのモンでも無いですが、笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/1179-fcaa05b9

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad