日々徒然

創作家具 安藤和夫

7月2日「FROMあしがら」現地報告会を開催しました。

東日本大震災を受け、3月末に立ち上げから参加した被災地支援活動「FROMあしがら」でしたが、その後、大変大きな動きとなりましたこと、御礼申し上げます。
IMG_0001[1]
私は、事務局並びにウェブサイト管理人を担ってまいりましたが、これでひとまず被災地への支援活動が締めくくりとなる・・・? はずでしたが!・・・実はまだ継続しております。

一つには【活動を記録すること】の重要性です。

ウェブ構築担当の小林さんと、事務局長の相原佑子さんが知恵を絞り「FROMあしがら」ウェブサイトが新しくなりました。お二人、ご苦労様でした。

すでに行った名取・南相馬への支援活動を整理して【2011年5月チーム活動】に移し、各個人の【メンバー報告】もここで閲覧できるようになっております。

今後もある程度の期間この場を残しますので、始まりから支援終了までの全体が判るようになっておりますので、ご活用いただけたらと思います。

あしがら発のボランティア活動の貴重な記録だと自負しております。

そして、特筆すべきことをお知らせいたします。

それは、今回の活動に対してあまりにも多くの方々から「支援金」が寄せられたため、お金が残ってしまったのです。
無償ボランティアを前提に構築した仕掛けでしたので、【会計報告】をご覧いただければ、あれほどの活動だったのに、発生する(計上する)金額がずいぶんと少ないことがお分かりになると思います。

その残余金の有効な使い道を検討した結果、【新たな支援企画を立ち上げられたら、そこに「助成金」を支給する】ことになったのです。

そのため、新たに評議委員が選抜され、審査に当たります。

もうすでに始まっています。
 
名取チームリーダーだったH氏はD氏と共に【2011年6月:ロシナンテス再訪】をされています。
N氏はまた、動物ボランティアでも現地を訪問し、子猫を引き取られたようです。

インフォメーション】には、今後これから行われる企画が掲載されてゆきますが、現在【南相馬災害ボランティアagain】という新企画が募集を開始しています

南相馬に「行く人」で参加し、中心的な役割を果たしてきてくれた数間氏が組んだ新しい支援企画です。
是非ご参加いただけたらと思います。

他にも、幾つかの企画が現在検討されています。
ウェブサイト・ツイッターなどで広報してまいります。
今後とも「FROMあしがら」にご注目いただけたらと存じます。
次はあなたの出番かもしれません。

「FROMあしがら to ○○○○」
この○○に入れる言葉は自由です。あなたの言葉を入れてください。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/1171-e6d784ca

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad