日々徒然

創作家具 安藤和夫

再び「お厨子」のご紹介。

「祈りのかたち」の新作です。
IMG_0002_2_20110702010431.jpg
材は神代タモ材と神代楡材を使用。赤く見える所は花梨です。 「祈りの場の創出」を模索して早十数年、「お厨子」制作に於いて、七宝・金工・漆芸など様々な工芸家の方とのコラボを重ねて参りましたが、絵描きさんとの試みは初めてです。
IMG_0003_20110702010456.jpg
微妙に細部の造りが違う三台の「お厨子」を造りました。

今回イタリアでの生活の長い松山修平さんにこのコラボ作品のタイトルをお願いしました。
それがこれ!
per pace
【PER PACE】・・・発音はペルパーチェ・・・だったかな?イタリア語で【平和のために!】・・・英語の【For Peace】ですね。
二人がそれぞれの場で長年追求してきた「祈り」を昇華した名前を付けていただきました。

IMG_0004_1.jpg
扉には階段があります。
何処に向かって上って行くのでしょうか?

IMG_0005_1.jpg
お厨子を開けた所にも階段があります。

IMG_0004_20110702010521.jpg
扉を開けると、正面にはそれぞれ赴きの違う松山修平さんの作品が!

修平ワールドが広がりのある世界を作っています。

IMG_0005_20110702010545.jpg
作品に合わせて細部を変えていったのでした。


IMG_0002_3.jpg
上部に付けた幕板のアーチが陰を造っています。


IMG_0006_20110702011159.jpg
三台勢ぞろい!

IMG_0007_20110702011224.jpg
なにか、並ぶと面白いですね。

IMG_0002_1.jpg
会場にて!


IMG_0001_2_20110702010318.jpg
ギャルリパリ入り口に芳名帳を置いた記帳台がありますが、実はこれも私の作品。

IMG_0002_20110702010342.jpg
16~7年前でしょうか?
ギャルリパリがスタジアムのそば、現在のスタバのところにあった時、友人の陶芸家の個展のために造ったのがこのコンソールテーブルでした。

オーナーのTさんに気に入られ、ギャラリーにお嫁に行ったのでした。

IMG_0001_1_20110702010252.jpg
私のブログ「日々徒然」のトップページ上部にうっすら見えるのがこのコンソールテーブルの中心部のアップです。
ウェブ制作のスタジオ・ビアンコさんが作品集の中から選んでくれての採用でした。
コンソール1
これがそのディテールです。
楕円の長径で約25mmくらいだったと思います。
会場でご高覧いただけましたら幸いです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/1170-58988f39

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad