日々徒然

創作家具 安藤和夫

イパダガラス「ひかりあそび」展 ~27日まで。

この不安な時だからこそ、時間を越えてゆく力を持つアートに出逢いたい!
ipada_0001.jpg
と思い、小田原城ミューゼへ!

 大きな災害の為、被災された方のことを我がことのように思い、痛みを共有する(出来る)人ほど、自分の生活において、楽しむこと、喜ぶことを封印しがちなのではないでしょうか。
 被災者をおもんばかるあまり、自分の感情を押し殺してしまっていませんか?

 そして自分には何も出来ないと思い込み、無力感にさいなまれ、結果PTSDになる人も少なくないらしい。

 悲しみのあまり喜びを抑圧することを止めませんか?

 難しいことなのだけれど、今だからこそ、自らの感情を豊かにはぐくむことが必要なのではないかと思います。
 春を喜ぶ気持ちを封印しても何も生まれては来ないと思うのです。
 喜びを感じる気持ちがあるからこそ悲しみを共有できる感性も育つと思うのです。
 ゆっくりと感情を開放してあげませんか。

 たった今被災地をお手伝い出来ることは限られているかもしれないが、この被災地の復興というのはとても長いスパンで取り組むことになりそうです。

 中長期的ビジョンを組み立てて、それぞれの人に持続可能な係わりが求められてくるのだと思います。

 何時かあなたにも出番が来るに違いない。
 その時に必要なのは【十分な体力】と【豊かな感性】と【相手を思いやる心】。
 その全部があればそれに越したことはないが、一つでも持っていたら絶対出番があると思う。


 前置きが長くなってしまいましたが、
心が疲れている人こそ、今美しいものに触れる事を強くお薦めします。
同行した娘のニキはこの作品群を見て随分心が軽くなったようです。

ご参考:ニキのブログ「プルガダイス絵日記」

ipada_0001_1.jpg
会場入り口のタイトルからして美しい!

ipada_0002.jpg
これ、何で出来ているかは?会場でご自分の目で見てくださいね。

ipada_0011.jpg
お~ガラスの抹茶茶碗。実験的な試みですね。
カタチは南宋でしょうか?いい感じ!
濱舘寛さんの作品。(誤字訂正しました、失礼)

ipada_0012.jpg
器の数々。

ipada_0005.jpg
湖底を切り取ったようなボトル&カップ!

ipada_0006.jpg
ウォール?・・・透けていながらも存在感のある建築の一部のような物体!

ipada_0007.jpg
クォーツの国の建物?

ipada_0008.jpg
クレバス?

ipada_0009.jpg
宇宙?・・・ミクロコスモス。
思わず覗き込んでしまう細部の造形。
以上、村木未緒さんの作品。(誤字訂正しました、失礼)


ipada_0010.jpg
会場風景。

ipada_0003.jpg
このインスタレーションは凄い、綺麗、欲しい。

ipada_0004.jpg
銀河を眺めているようです。

ipada_0001.jpg
一つ一つに宇宙が宿る。

見ごたえのあるガラスの世界でした。

困難な時代の幕開けですが、そのひと時を悠久なるアート作品を鑑賞することで勇気が湧いて参りました。

お二人はご夫婦、とても明るいお人柄です。
市内風祭に工房を構えて居られます。
これからの西湘のアートシーンで中心になって行く方達だと思います。

「イパダガラス工房」

ipada_0013.jpg
会場は小田原城址公園内、常盤木門の中にある美術館。

ipada_0014.jpg
この一階のギャラリーは観覧無料です、二階は有料でガラスコレクション展を見ることが出来ます。

「ひかりあそび」展
会期:2011年3月12日(土)~3月27日(日)
時間:午前9時~午後5時(最終入館は午後4時30分まで)
TEL:0465-22-3823




コメント

先日はニキちゃんとお越しいただきありがとうございました。また、ブログでご紹介いただき恐縮です・・ipadaの活動、もうやるべきことやるだけです!それと、お茶の文化についてまたご教授頂きたいです。今後、何かしら形(展示会?)にしたく、ご相談にしたいです。よろしくお願い致します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/1139-7a9787fd

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad