日々徒然

創作家具 安藤和夫

安藤和夫、講師を務めます!(延期の為再掲)

横浜市立大学エクステンション講座(リンク) 「身近な生き物を通して知る生命科学入門」という全六回の講座の六回目を私が勤めます。4月23日(土)14:00~15:30に延期になりました!
kiharakenn_0001.jpg
会場になる横浜舞岡「木原研究所」のメタセコイア!



※ 木原記念室は毎週火・木10:00~16:00見学可能です。なお19日は1時~開室しておりますので、2時からの講演前にご覧になることが出来ます。 
                           
身近な生き物の不思議を発見し、生命科学の面白さを探求するための導入教養講座です。
横浜市立大学木原生物研究所「舞岡サイエンスラウンジ」の連続企画になります。

日時:平成22年12月11日~平成23年03月19日 土曜日 14:00~15:30 (全6回)
(第1回10月9日・第2回11月6日は既に終了しています。)
会場:横浜市立大学舞岡キャンパス 木原生物学研究所
企画監修:坂 智広  横浜市立大学木原生物学研究所 教授

受講料全6回 6,000円 (部分受講可 各回1,500円) ※高校生は無料 


プログラム
第1回 平成22年10月9日(土) 14:00~15:30
「『小さい実験』を通して知る生き物の世界」
『小さい実験』とは、父木原均が日常生活の中でふと疑問に思ったことを確かめたり、観察記録して楽しんだ「ノートと鉛筆とルーペ」があれば誰でもできる実験のことです。つる植物のつるの右巻き・左巻きから、花やつぼみの左右性、性転換する植物の雌雄性など、身近な生き物の不思議を紹介します。
講師:木原 ゆり子(木原記念横浜生命科学振興財団理事)

第2回 平成22年11月6日(土) 14:00~15:30
「生物の行動と暮らしを科学する」
カワセミ類の中、国内で最も大型なのがヤマセミです。水中にダイビングしてイワナやヤマメなどを捕えて生活しているこの鳥は神奈川県内にも生息しています。知られざるヤマセミの暮らしとその行動を科学します。
講師:神保 賢一路(神奈川県野生鳥獣保護観察指導員)

第3回 平成22年12月11日(土) 14:00~15:30
「ペーパークラフトを通じて知る生物の形と機能」
同じように見える動植物の中の“違い”に注目し、特徴を見分ける観察眼を養い、構造(からだの仕組み)を学びます。サザンカ、ツバキ、ポインセチアのなかから選択して実際に作って学びます。作り方、パーツ、道具は会場に準備してあります。
講師:水谷 恒雄(元私立清泉小学校教諭)

第4回 平成23年1月22日(土) 14:00~15:30
「電子顕微鏡で見る花粉 -花粉の多様な世界-」
花が咲けば必ず見られる花粉。 花粉とは一体何なのか?外壁の構造は花粉の死後も地中深く長期間残存し、「花粉分析」や「花粉考古学」にも利用されています。逆に花粉症の原因となり人間にとって悪さもします。電子顕微鏡で花粉の一生を眺めながら、多様な花粉の世界を紹介します。
講師:中村 澄夫(元神奈川歯科大学生物学教授)

第5回 平成23年2月19日(土) 14:00~15:30
「生き物図鑑の見方・使い方・楽しみ方」
いろいろな生き物図鑑の紹介をはじめ、記述スタイルやビジュアル、制作方法の変遷など、印刷・編集技術的な視点を交えながら紹介します。また、図鑑の選定方法や利用する際の注意点、未来の図鑑はどうなっていくかなど、図鑑の活用法、楽しみ方を解説します。
講師:椿 康一(文一総合出版)

第6回 平成23年3月19日(土) 14:00~15:30
「森の生命体、樹木のいのちを家具や器物のいのちに繋ぐ」
私たち人間は、森の樹木を役に立つ家具や器物として使わせてもらっています。世界中で行われている営みですが、それぞれの土地の植生によって木の使い方・接し方に違いがあります。日本の風土、日本人の自然観なども踏まえながら人と樹木との関係を考えます。
講師:安藤 和夫(創作家具作家

会場は舞岡です。
地下鉄ブルーライン舞岡駅徒歩10分。
お申し込み・お問い合わせは:横浜市立大学エクステンション講座(リンク) 
公立大学法人横浜市立大学 エクステンションセンター ●受付時間 月曜日~金曜日(祝日は除く) 8:45~17:15
〒236-0027 横浜市金沢区瀬戸22-2
TEL 045-787-8930 FAX 045-701-4338 E-mail exten@yokohama-cu.ac.jp

コメント

お久しぶりです

わー、近いし、行ってみたいです!

…高校生だったら良かったのに(笑

お時間ありましたらお申し込み願います。
成人は1500円です、すみません!(笑)

遅いのですが

今申し込みました・・・
もしも受付に間に合ったら、行きます!

お~歓迎ですよ!

安東が良いって言ってた!って言ってください。(笑)
お待ちしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/1123-adc36380

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad