日々徒然

創作家具 安藤和夫

薪ストウブにあたりながら大豆のサヤを外す!

久しぶりの田んぼ仲間の作業。
sayahazusi_0003.jpg
これは昨秋に収穫した今期用の種。「津久井在来」と「さとういらず」 これは保存大豆なので食べません。
そういえば昨年は納豆作ったな~!これは別枠で考えようっと!

稲刈りが終わり、農閑期に入ったため、会う機会の減った仲間達の、毎年恒例となった作業にかこつけての集まりです。
sayahazusi_0001.jpg
冬の寒い時期、薪ストウブがしみじみと暖かい。

sayahazusi_0002.jpg
手を動かしながらもっと動いているのが口かしら!
話に花が咲きます。

作業はあっという間に終わり、持ち寄った食べ物を焼く時間です!
sayahazusi_0004.jpg
まずは○本さん持参の、古新宿に来る引き売りのおじさんから買ったと言う薩摩揚げを炙る!

sayahazusi_0005.jpg
良い色に焼けてきました。

sayahazusi_0007.jpg
葱が大胆に入っていて、これは美味い!
ただしメーカー不明。
小田原って名もないお店で美味いところあるのよね~!

sayahazusi_0006.jpg
黒米だけで作ったというお汁粉。

sayahazusi_0008.jpg
小豆は一切入らず、永塚で出来た黒米100パーセントのお汁粉だそうです。お団子入り。
美味し!

sayahazusi_0009.jpg
新巻鮭も脂が乗って美味い!

sayahazusi_0010.jpg
漬け物もあったり!

sayahazusi_0011.jpg
デザートもあったり、お菓子(写真無し)もあったりと、満腹の会なのでした。

仲間が小麦の会をやっていて、そちらは今農繁期。麦踏みなどで忙しいようです。
又、各自味噌作りなどはしていますが、田んぼの会としての作業は今は農閑期で無し。

もう少し春めいてくると又始まります。
最初にするのは種籾の準備と浸種からです。

この日に決まった概要は?

●15人ほどのコアメンバーで主作業をやり、田植えなどは外にも開く。
●一反五畝、全部黒米(朝紫)真っ黒です。
●他に神丹穂(古代赤米)黒穂稲、などの鑑賞米も少々。
●ビオトープで遊ぶ。花菖蒲・大豆・クワイ・ホテイアオイ・など!
●永耕祭などに出店。

田植えなどに参加希望の人は、今から心の準備を始めていてくださいね。
連絡の欲しい方はメールで申請しておいてください。

昨年の田植えは三日間で百数十人の方が参加しました。
(6月頃のブログに詳細が載っています)






コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/1121-0d92b8c5

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad