日々徒然

創作家具 安藤和夫

CD「関島岳郎映像音楽集」を聴く!

天才チューバ奏者である関島岳朗さんが新しいCDを出した。
関島2
そっけない紙ジャケがシャイな関島さんらしいストイックさを醸し出している。

で、アマゾンで買ってさっそく聴いてみた。
それがとっても・・・いい!
優しくて、アンニュイで、懐かしくて、心があったかくなる。
そんな楽曲が主張を抑えて演奏されています。

今、個展準備で多忙を極めている私ですが、このCDを流しながら仕事をしています。

関島
裏面。

裏面下の方に小さな文言が!・・・注目!
関島3
ライナーノーツの付いていないこのCDの唯一の情報がここ。

それによると“2009年に関わった映像のための音楽をまとめてみました。”とある。
関島さんは作曲家でもある。
きっとこの中には氏が作った曲もあるのだろうか?全部そうなのかな?「関わった」としか書いてないので詳細は?である。

裏面上の方に一行。
SEKIJIMA TAKERO all composition performance recording &mastering・・・とあり。
マルチな才能を発揮したCDなんだね。

しかし、ちょいとストイック過ぎやしないかi?関島さん。(笑)

僕は過去に何度か工房でライブを企画したことがあるのですが、その中で最多出演が関島さんなのでした。
第一回が「梅津和時さんとこまっちゃクレズマー&おおたか静流さん」の時。
第二回目が「酒井俊さん」の時。太田恵資さん、黒田京子さんとともに。
第三回目が「梅津和時さんとこまっちゃクレズマー&おおたか静流さん」大乗院ライブ。
と言う事で小田原には三回も来ていただいています。
(伊勢路書店二階の「ギャラリー新九郎」で組んだ「酒井俊」さんの時はどうだったかな?)

関島さんの見た目のダンディーさには女性ファンの多いのもうなずけるのですが、ご一緒させていただくと、優しさ、クールさ、シャイなお人柄、など、実に魅力的な人なのです。

大きなチューバをライオンの咆哮のように吹いたかと思うと、ちっちゃなリコーダーを取り出して観客を沸かせたりもするおちゃめな面もあります。

関島さんの様々な活動に是非出会ってみてください。

なお、公演の依頼等はわたくしに!(勝手に西湘地区マネージャー、笑)


コメント

たしか広島のリアルジャズ集団にいた友人に教えてもらったのが最初のような、その友人の名前も思い出せないはるか昔、20代にであったコンポステラは今だに愛聴盤です。以来気になるバンドのクレジットをふとみると関島さんの名前があったことが何度あったことか。早速聴いてみます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://andokobo.blog73.fc2.com/tb.php/1095-fefffb52

 | 最新 | 








Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly


Profile












FC2Ad